ハガキ職人から放送作家!ベン村さ来これがホントのニッポン芸能史

「たけしのこれがホントのニッポン芸能史」15より、「たけしのオールナイトニッポン」から生まれたものに「ハガキ職人」があります。

ラジオ番組には欠かせない、リスナーのメッセージ、ハガキやFAX、メールが番組を盛り上げます。

このメッセージですが、誰がどのようにして選んでいるのか?

スポンサドーリンク



ハガキ職人

生放送の番組に、2名の刺客を送り、徹底検証しました!

果たして、メッセージは読まれるのか?

元ハガキ職人「浜辺のキャベツ」こと久保田祐佳アナウンサー

現在、放送作家養成講座に通っている橋本拓実さん(22)と中茎礼菜さん(26)の二人は、メッセージを読まれたことのある採用経験者です。

あの時の喜びをもう一度。

そんな二人に協力してくれるのが「ビートたけしのオールナイトニッポン」にハマり15歳でハガキ職人として投稿し続けた「ベン村さ来」

その後、ハガキ職人からプロの放送作家となり、現在もラジオ番組を手掛けるレジェンドです。

35年間「ベン村さ来」で活躍しています。

橋本拓実さんと中茎礼菜さんのペンネームはそれぞれ「夜更かし発・寝不足行き」「雲はメタモンりんごは蝶!」

赤江珠緒さんがパーソナリティを務めるTBSラジオの「たまむすび」を支えるスタッフは、プロデューサー、ディレクター、ミキサー、放送作家など約7名います。

その中で、送られてきた投稿メッセージをとるのはサブディレクターですが、生放送中に送られてくるメッセージは、およそ500通です。

それをプリントして一読、瞬時に判断して、テーマが違っているものなどダメなものを除外し、候補を選びます。
メッセージ採用の一次審査のキーマンです。

MC赤江珠緒さんの隣にいる放送作家、一次審査を通過したメッセージは、二次審査で放送作家がチェックし、パーソナリティの元へ届く仕組みです。

何気ないオープニングですが、ここから投稿のテーマが決まります。

赤江珠緒さんのラジオ番組2時間半で4回のメッセージコーナーがあります。

このわずかなチャンスに向けて、全国のリスナーがしのぎを削ります。

採用数はおよそ10通ほどです。

50倍の狭き門

今日のメッセージテーマは「逃げ切った話」です。

早さが勝負なところがあるので、オープニングテーマ発表後が一番枚数が少なめなので、狙い目です。

テーマ発表からわすか2分後、続々とリスナーからメッセージが届きます。

スポンサドーリンク



選ばれやすい書き方

「ベン村さ来さん」による選ばれやすい書き方を伝授してもらいます。

採用されるメッセージのポイント

1.題名は必ず書く・・・ないと選びずらいので、サブジェクトのところに必ず書くこと

2.読めるラジオネーム・・・企業名はダメです。

3.行間をあけて改行して読みやすく

たけしさんや所さんが言うには、はがきを読むときの方が、楽しいそうです。

クセがわかるので「あいつ来た」みたいな、人によって書体が、全然違うので選びやすいのだとか。

スポンサドーリンク