スティーヴンチャン(インテル)会長の出身大学や経歴?結婚をwiki風で!

スポンサドーリンク



 インテルの新会長に26歳の中国人実業家スティーヴン・チャン氏が就任することが決定したそうです。チャン氏は同クラブのオーナーである蘇寧グループ張近東会長の息子で、史上最年少の会長となったそうです。

気になったので、まとめてみました。

スティーヴンチャン(インテル)会長の出身大学や経歴?wiki風で!

スティーブン・チャン

生年月日:1991年12月21日

出身地:中国江蘇省

出身学校:南京外国語学校の中学校に通い、その後、15歳で渡米します。

MITとデューク大学から推薦を受けましたが、ペンシルベニア大学のウォートンスクールで経済学を学ぶことにしました。

大学卒業後は、モルガンスタンレーの投資銀行に入社します。

香港のモルガンスタンレーではIPO業務などに携わります。

その後、Suningグループで働き始め、最終的にSuning Holdings Groupの国際部門であるSuning Internationalで役職につきます。

こちらがインスタグラム

 

View this post on Instagram

 

I will never let you down. ????????

Steven Zhangさん(@stevenzhang91)がシェアした投稿 –

スポンサドーリンク



スティーヴンチャン(インテル)会長の結婚をwiki風で!

若くして、世界的なグループの会長に就任したわけですが、結婚は、まだしていないようです。

「インテルは、この若き会長を歓迎する」

スティーブンの父親である張近東は、2009年に家電量販店のラオックスを買収した蘇寧電器のオーナーです。

父親の張近東の経歴をざっと見ると、

生年月日: 1963年3月28日 (年齢 55歳)
出身地: 中華人民共和国天長市
純資産: 64億アメリカ合衆国ドル (2018年)
出身大学: 南京師範大学

学校を卒業すると1990年にエアコンを売るお店を始めますが、15年で小さなお店から、巨大なビジネスグループにまで発展させます。

まとめ

詳しい事はわかりませんが、お金があったので就任できたということでしょうか。

日本は、バブル期に、海外でビルなどを買ってひんしゅくを買いましたけれど、関係者は、今回の件を歓迎していますが、一般の人は、どう思っているのか気になります。

スポンサドーリンク



スポンサドーリンク