篠井英介の若い頃の画像!女形でカミングアウト結婚は?似ている?

11141 - 篠井英介の若い頃の画像!女形でカミングアウト結婚は?似ている?

篠井さんは、子供のころから、舞踊や演劇に興味を持って役者人生をかけてきたイメージがあります。

そんな篠井さんについて、まとめてみました。

スポンサドーリンク



篠井英介のプロフィール

篠井英介(ささい えいすけ)

生年月日:1958年12月15日

出身地:石川県金沢市

身長:173cm

体重:63kg

現代演劇の女形

Me&Herコーポレーション所属

出身学校:石川県立金沢向陽高等学校、日本大学藝術学部演劇学科

5歳の時から美空ひばりに憧れて日本舞踊を学びます。

小学校では放送部に所属し、音楽の起源を題材にしたラジオドラマを作ったりしたそうですが、早熟なんですね。

また、小学校の鑑賞会で「サウンド・オブ・ミュージック」を観て俳優を志します。

中・高と演劇部に在籍します。

高校生の時に金沢の劇場で見た杉村春子の舞台「欲望という名の電車」に深く感銘し、密かに”女優”になることを目指します。

この時点で、俳優ではなく、女優だったんですね。

大学在学中に銅鑼魔館という演劇集団に籍を置き、いとうせいこうと黒衣をします。

元々は歌舞伎役者を志望したが断念し、加納幸和事務所に所属。

1987年には加納、木原実らと「ネオかぶき」劇団花組芝居を旗揚げし、女形として活躍しましたが、1990年に退団。

その後「欲望という名の電車」(主演のブランチ役)や、「サド侯爵夫人」(主演のルネ役)など数多くの舞台に出演し、現代演劇の女形として活躍しています。

また、深沢敦、大谷亮介と演劇ユニット「3軒茶屋婦人会」を結成し、2003年以降、数年に一本のペースで公演を行っています。


確かに、これを見ると篠井さん、貴婦人に見えます!マジで!

篠井英介の若い頃の画像!

11141 255x300 - 篠井英介の若い頃の画像!女形でカミングアウト結婚は?似ている?

こちらは1990年大河ドラマより32歳の時の写真

引用元:https://www2.nhk.or.jp/archives/jinbutsu/detail.cgi?das_id=D0009071353_00000
これ以上、若い頃の写真が出てきませんでした><

ずっと舞台に出ている方なので、つねに自分をさらけ出してきているからだと思いますが、あまり若いころと印象が変わらないのかなと思います。

スポンサドーリンク



篠井英介女形でカミングアウト?結婚は?

たんなる女装好きではなく、それを芸に昇華できるのが女形かなと思っています。

そんな中で、篠井さんの女形として評価はとても高いです。

「杉村春子、山田五十鈴さんは、女を捨てて、歌舞伎や新派の女形から女を学んでいる」

そんな風に見られるなんて、独特の審美眼というか一つの感性なんでしょうね。

それを自分の中にものにしようと、頑張られてきたというは、天性の才能だと思います。

女形というのもあるのでしょうけれど、あくまでもゲイではなく、芸の道で究めてきたかったのかなと思います。

そんなワケで、結婚は、篠井さんの人生の選択には、なかったのかもしれません。

篠井英介似ている?

坂東玉三郎さんのような感じですが、それよりも現代的な雰囲気です。
11142 300x139 - 篠井英介の若い頃の画像!女形でカミングアウト結婚は?似ている?

そうそう、似ていると言えば、ニットの貴公子広瀬光治さん!

及川光博さんも、なんとなく似ているかな?

顔立ちが似ているだけでなく、趣向も似ていそう。

まとめ

現代では、貴婦人なんて、絶滅してしまっていそうですが、こんなところでお目にかかるなんて、驚いたかも。

こんな貴婦人に扮せるなんて、立派なゲイ?芸?芸術だと思います。

スポンサドーリンク