秋野暢子の娘(夏子)の就職先や大学や出身高校?父元旦那は田代冬彦

11231 - 秋野暢子の娘(夏子)の就職先や大学や出身高校?父元旦那は田代冬彦

スポンサドーリンク



秋野暢子さんと言うと、山口百恵ちゃんのドラマ「赤い運命」に出演していたとき、道ばたで「秋野さん、あんたのお父さんね、三國連太郎!」と教えられて困惑したとか、百恵ちゃんをドラマでいじめていたことから、小学生から石を投げられたとか、笑ってはいけませんが、笑っちゃいます。

それだけ、迫真の演技をされていたからなのでしょうけれど、昔の人は良くも悪くも純粋ですね。

それで終わらすなって、ツッコミされそうですね。

そんな秋野暢子さんですが、もう還暦過ぎ・・・山口百恵さんも、もうすぐ還暦なんですね。

ともかく、秋野暢子さんの娘さん、成人している・・・ちょっと、まとめました。

スポンサドーリンク



秋野暢子のプロフィール

秋野 暢子(あきの ようこ)

生年月日:1957年1月18日

本名は同じです。

出身地:大阪府

大阪ミナミの呉服屋の末娘として生まれます。

ユーミンやYOSHIKI、横尾忠則と、呉服屋さんから芸能人や芸術関係に進む人が意外といるように思うのですが意識しすぎでしょうか。

小学校の学芸会をきっかけに演劇の道に進み、中学・高校と演劇部に在籍

出身学校:四天王寺高等学校

カフナロック所属ですが、最初は、三船プロダクション、田中プロモーション、アクターズプロモーション、ジェイ・ツーとなっていますが、そんな気楽に変われるものなんですね。

1974年に、NHK銀河テレビ小説「おおさか・三月・三年」にウェイトレス役で出演しデビュー。

1975年、NHK連続テレビ小説「おはようさん」のヒロイン・殿村鮎子役を演じます。

1976年、TBS「赤い運命」では山口百恵と共演します。

身長が、170cmもあるんですね。

この年代の人で、170cmと言ったら、かなり珍しいと思いますし、目立ったと思います。

スポンサドーリンク



秋野暢子の娘(夏子)の父元旦那は田代冬彦

1983年、26歳の時、5歳年上のTBSテレビのプロデューサーだった田代冬彦と結婚。

東京大学文学部フランス文学科卒業後TBSに入社しています。

現在はTBSHD執行役員グループ経営企画局付兼東通代表取締役社長となっていますが、今は他の人が出てきます^^*

1993年12月に1女をもうけますが、結婚19年目となる2001年に離婚

ちなみに、マザコン夫を抱えるドラマ「ずっとあなたが好きだった」で佐野史郎の役名の「桂田冬彦」は、スポンサー関係に同じ名前がいても言い訳出来るようにと、ドラマのプロデューサーだった貴島誠一郎が、知人の電通の桂田光喜と彼の上司の田代冬彦から命名したのだそうです。

スポンサドーリンク



秋野暢子の娘(夏子)の就職先や大学や出身高校?

秋野さんには、一人娘の夏子さんがいますが、1983年、26歳の時、結婚をして8年後に、第1子を妊娠したものの流産してしまいました。その後、2回の流産を経験しながらも不妊治療を続けたのは、「なぜ産んであげられないのだろう」という申し訳ない気持ちから。

1992年、35才の時、子宮外妊娠で左の卵管を切除すると、これ以上は肉体的にも厳しいと不妊治療を諦めました。

ところが、1993年、結婚10年目ということもあり、これからは夫婦ふたりの人生を楽しもうと決意しましたところ、自然妊娠します。

これは、感動でしたでしょうね。

お嬢さんの夏子さんは、幼稚園から成城学園で、平成27年に成城大学を卒業しています。

一般の会社に就職したようですが、秋野さんの元旦那さんは、もともとTBSのプロデューサーなので、いくらでもコネで就職できそうです。

後ろ姿の画像が、それっぽいです。
https://www.facebook.com/akino.natsuko/

まとめ

多岐川裕美さんのお嬢さんに似ていますが、二世タレントの道は歩まず、地道に社会人として生きていくのは、勿体ないように思います。

かなりルックスとか、悪くないですし、他の二世タレントよりも芸能界に向いていそうですが、冷静な母の秋野暢子さんの話を色々と聞いて判断したのかもしれませんね。

スポンサドーリンク