松山容子は今?家族や夫子供(息子)の現在は?沖縄のボンカレー琴姫七変化

11252 - 松山容子は今?家族や夫子供(息子)の現在は?沖縄のボンカレー琴姫七変化

スポンサドーリンク



松山容子さんというお名前は、存じ上げなかったのですが、「ボンカレー」のホーローの看板は、覚えています。


左は、大村崑さんの「オロナミンC」ですね。

ちなみに、この当時のCMでオロナミンCに卵を混ぜて「オロナミンセーキ」と宣伝していたのが、子どもながらに不思議でした。

これと、良く一緒にあったのが、水原弘と由美かおるさんの「アース」のホーロー看板です。

さすがに最近、目にすることはなくなってしまいましたが、今でも現役で頑張っているのでしょうか?

それはともかく、松山さんは今どうされているのでしょう?

気になったので、まとめました。

松山容子のプロフィール

11253 279x300 - 松山容子は今?家族や夫子供(息子)の現在は?沖縄のボンカレー琴姫七変化

松山 容子(まつやま ようこ)

生年月日:1937年(昭和12年)11月30日

本名:田中 曠子(旧姓・出井)

旧芸名は松山 清子

出身地:愛媛県松山市

1968年の「ボンカレー」(大塚食品)発売以来、長らくパッケージモデルを務め、CM、ホーロー看板でも知られています。

銀行を経営する名士の家に生まれます。

愛媛県立松山南高等学校のころ、「アサヒグラフ」(1956年2月5日号)の表紙モデルを務めたことがきっかけで、松竹の役員の目にとまり、卒業すると、松竹ニューフェイスとして入社します。

相当、ラッキーというか、よほど際立ったものがあったんでしょうね。

1957年6月4日公開の「勢揃い桃色御殿」に新人女優の松山清子として、端役でデビューします。

1959年、芸名を松山容子に改名します。

1960年(昭和35年)、テレビドラマ「天馬天平」で演じた、男装で新撰組と闘う勤皇の姫君・千也姫役が評判となります。

ちょうど「崑ちゃんのとんま天狗」の後番組の企画を練っていたスポンサーの大塚製薬がこの人気に着目し、この千也姫をモチーフとして、松山を主演に「琴姫七変化」が製作されました。毎回若武者姿だけでなく、芸者、くノ一、鳥追い・・と、文字通り次々替わる「七変化ぶり」が好評となり、その容姿と華麗な立ち回りから「アクション女優の先駆け」として人気となります。

殺陣の上手さは映画関係者の間で非常に評価が高く、「古今のチャンバラ女優ナンバーワン」「並ぶ者のいない太刀捌き」なんだそうです。

美貌だけではなかったんですね。

スポンサドーリンク



松山容子は今?家族や夫子供(息子)の現在は?

1971年(昭和46年)3月、「くれないお仙」や主演映画「めくらのお市」の原作者である漫画家、棚下照生と結婚されます。

棚下さんは、養母を亡くした後、一人で上京し、大変ご苦労されて漫画家になります。

よく、お嬢さま女優と言われた松山さんとご結婚されたなと思いますが、それくらい、当時の棚下さんは作品が映画化され人気絶頂だったのだそうです。

ネットで「松山容子 息子」と出てきますが、詳しいことが出てきません。

棚下照生さんは、新宿区役所の裏通りに、「恋溜」という飲み屋を始めたそうですが、その跡を継いでいるのかなとも思ったのですけれど、そう言ったことも出てきていません。

松山容子さんは、結婚を機に、事実上の引退となったようですが、その後も稀にドラマなどにゲスト出演することがあります。

2003年、ご主人は、69歳で肝硬変のためお亡くなりになられています。

2018年3月5日に発売予定のボンカレー50にビデオメッセージを送っています。

今でも、十分お姫さまな雰囲気があります。

松山容子は沖縄のボンカレー

何年か前に、管理人は本州に住んでいるのですが、近くのスーパーで、このボンカレーを見かけて、つい懐かしくて買ってしまいました。

懐かしい、昭和なカレーの味で、ほどよくスパイシーでやさしい味わいでした。

ホーローの看板は、知っていましたけれど、松山さんのボンカレーのこのCMは、残念なことに記憶がないです><

こちらは沖縄限定パッケージなんだそうです。

ちなみに「ボンカレー」の「ボン」は、フランス語で「おいしい」を意味する「ボン」なんだそうです。

そんなシャレた名前だとは、知りませんでした。

結構、お手軽な値段なので、この値段なら非常食にいいかもしれません。

ボンカレーより値段が高いんですが!

まとめ

正直言って、もっと美人さんなのに、ボンカレーの松山容子さんのインパクトが強すぎて、美人度が飛んでしまってもったいないと思いました。

ご本人も、ここまで長く使われるなんて、思ってもいなかったと思います。

スポンサドーリンク



スポンサドーリンク