佐藤一哉(芦屋)貴景勝の父実家は保育園経営?経歴や出身学校を調査!

11262 - 佐藤一哉(芦屋)貴景勝の父実家は保育園経営?経歴や出身学校を調査!

貴景勝の優勝は、久々に気持ちのいい話題です。

貴景勝の名前は、先代の親方の貴乃花と夫人の景子さんからとったものなんでしょうか。

せめて、貴景勝が優秀をしてから引退すればよかったのにと、ゲスなことをつい考えてしまいました。

ところで、貴景勝のお母さんが、とても美人で話題になっていますが、毎月食費に30万円かけていたそうですけれど、実家は何をしているのでしょうか?

気になったので、まとめました。

スポンサドーリンク



貴景勝のプロフィール

1996年8月 芦屋市生まれ

2003年4月 西宮市仁川学院小学校入学、同小3年時に本格的に相撲を始める

2009年4月 相撲の強豪校のひとつである兵庫県西宮市にある報徳中学に入学

2011年8月 報徳中3年で全国中学校体育大会個人を制し「中学横綱」に輝きます。

2012年4月 埼玉栄高校へ相撲留学で、寮生活になります。

2014年8月 埼玉栄高3年で世界ジュニア選手権無差別級優勝

2014年9月 憧れていた貴乃花部屋に入門、初土俵。「師匠に少しでも近づけるよう、何でも学びたい」

2014年11月 序ノ口優勝

2015年1月 序二段優勝

佐藤一哉(芦屋)貴景勝の父実家は保育園経営?

Facebookしか見つからなかったです^^*

あれ?もしかして、お父さんと、ぐっさん?
11262 300x284 - 佐藤一哉(芦屋)貴景勝の父実家は保育園経営?経歴や出身学校を調査!
引用元:https://www.facebook.com/kazuya.satou.96/

お母さんが、むちゃくちゃ美人です!

今回優勝した件ですが、どれくらいスゴイのかというと、

年少是より三役勝利
1位 19歳2ヶ月 北の湖
2位 19歳4ヶ月 白鵬
3位 20歳3ヶ月 貴花田
4位 21歳1ヶ月 貴景勝
5位 21歳 2ヶ月 大受
6位 21歳 2ヶ月 武蔵丸
7位 21歳 3ヶ月 北天佑
8位 21歳 4ヶ月 琴風
9位 21歳 5ヶ月 朝青龍

朝青龍や武蔵丸よりも、早く達成しているんです。

スポンサドーリンク



佐藤一哉(芦屋)貴景勝の父経歴や出身学校を調査!追記

保育園経営とのことですが、お父さんの名前の出ている保育園は見つかりませんでした。

親族が経営している所に、副理事のような形でいるのかもしれないと思ったのですが、そのようでした。

名前だけの理事で、実際は不動産や飲食店を経営していたのですが、バブルがはじけた後は、経営が火の車になり、それを支えたのが妻の純子さん。

貴景勝が2歳から中学1年生まで過ごした、西宮市苦楽園の90坪もある大豪邸は、2010年に神戸地裁が入り、競売にかけられます。

他には、一哉さんが社長職についていた会社名で所有していた芦屋市にあった3階建てびるも国や県などに差し押さえられ2014年に公売にかけられます。

バブルがはじけて、お金をポンポン貸してくれたところが、貸してくれなくなったのは、当時の不動産業の宿命のようなところがあったそうです。

一哉さんは、幼いころ父を亡くし、高校を卒業して社会に出ます。

極真空手を学びますが、インスタントラーメンを2食にわけて食べるほどの極貧生活もあったとか。

武富士に転職しますが、7時から23時まで2か月間休みなしで働いて、最年少で支店長になります。

その後、パチンコ店勤務を経て不動産業に転身します。

奥さんの純子さんは、会社の事務員として働いていたのですが、阪神大震災をきっかけに結婚します。

純子さんの実家は資産家ですが、お金に困ったときは、純子さんも働きに出たり、実家の遺産で食いついだこともあります。

息子の相撲稽古のために、片道2時間半を運転して出げいこへ送迎していたというのも、貴乃花の大ファンだったとしても、ハンパないです。

お風呂上りのお父さんの体重チェックが、0.1kgでも体重が減ったら雷が落ちたそうです。

今時、こんなお父さんがいるんですね。

元貴乃花親方は、20歳で新入幕を果たした佐藤貴信さんに、自分の好きな上杉謙信の跡を継いだ、上杉景勝から名前を取って「貴景勝」と名づけます。

一方、実父の佐藤一哉さんは、貴信さんが誕生した時、大ファンだった貴乃花の”貴”と織田信長の”信”からとってつけたとか。

両方とも、戦国武将の名前からとってつけられるなんて、荷が重いですが、日本の伝統を引き継ぐには相応しいかもしれません。

相撲離れが久しいですが、本来、相撲は伝統行事の神事です。

最近は、外国人力士により、相撲レスリングと揶揄されることも多いので、元貴乃花親方の雪辱を晴らせたら良いのにと思います。

まとめ

父の一哉さんの話では、大変だった時期もありますが、貴景勝の月の食費が30万円とかかけてと、息子にかけるお金だけは妥協しなかったそうです。

そんな一哉さんのことを、ややこしい人とうわさを流す人もいるとか。

そんなことをわかっているのか、一哉さんは、息子の足を引っ張らないようにと思っているのだそうです。

分をわきまえて、偉いですね。

スポンサドーリンク