前田憲男(ジャズ)の死因は肺炎!独学?経歴やプロフ題名のない音楽会

悲しい話しが入ってきました。

フジテレビ「ミュージックフェア」、テレビ朝日「題名のない音楽会」などの音楽を担当されていたジャズピアニストで作曲家、編曲家の前田憲男さんが今月25日、肺炎のため都内の病院でお亡くなりになりました。83歳

スポンサドーリンク



前田憲男(ジャズ)独学?経歴やプロフ

前田 憲男(まえだ のりお)

本名:前田 暢人(のぶひと)

生年月日:1934年12月6日 ~ 2018年11月25日

日本のジャズピアニスト、作曲家、編曲家、指揮者

ニックネームは「のぶちん」。

芸術祭奨励賞、南里文雄賞、東京音楽祭編曲賞受賞、第20回日本レコード大賞編曲賞受賞

出身地:大阪府

小学校の教師だった父より、幼少より読譜を学びます。

大阪府立桜塚高等学校を卒業すると、プロのジャズピアニストとして活動を始めます。

ピアノ・指揮法とも独学で習得。

1955年に上京すると、様々なバンドに参加しながら、「ゲバゲバ90分」「11PM」などのテレビ番組の音楽を手がけます。

特に、昭和9年生まれの芸能人の会「昭和九年会」のメンバーでもある大橋巨泉とは親交も深く、大橋の出演する番組のテーマ音楽の大半を手がけます。

またビッグバンド向けのアレンジも数多く手がけ、東京フィルハーモニー交響楽団のポップス部門音楽監督として、編曲や指揮を担当しています。

荒川康男(B)、猪俣猛(Drs) とのピアノトリオ「WE3」や、ビッグコンボ「前田憲男とウインド・ブレーカーズ」を中心に活動しています。

独学で取得した独自の音楽理論を持つ事で知られており、2003年からは大阪芸術大学音楽学科教授を務めていました。

「題名のない音楽会」「ミュージックフェア」で現在も活躍中。

1981年に東京音楽祭「最優秀編曲賞」

1983年にレコード大賞「最優秀編曲賞」ジャズ界の最高位に価する「南里文雄賞」

2008年にレコード大賞「功労賞」を受賞しています。

2015年、第6回岩谷時子賞・特別賞を受賞。

2018年11月25日、肺炎のため、東京都の病院で死去

独学により、大阪芸術大学音楽学科の教授を務められるほどになれたのですから、スゴイとしかいいようがありません。

才能というか、ほんとうにセンスの良い人は、自分で独学でなんとかなってしまうものなんでしょうね。

あの、大橋巨泉さんとも親交があったくらいですから、そうとう音楽的なセンスが恵まれていたのだと思います。

モンキーパンチが、当時放送されていたアニメに不満を持っていたため、アニメ化に反対していたのだそうです。そのアニメ化するにあたり、説得材料として13分弱のパイロットフィルムが製作されました。

この作品の出来のよさに感動したモンキーパンチは、アニメ化をお願いしたいと製作にOKを出したそうです。

それに使われた音楽が、前田さんによるもの!

スポンサドーリンク



前田憲男(ジャズ)の死因は肺炎!

10月6日に予定されていたステージを急病による入院のためキャンセルしていたそうです。

11月にも予定がありました。


さすが、これだけの人に慕われてお元気に活躍されていたのに残念です。

まとめ

「世界まるごとHowマッチ」のエンディング曲など、大人のエンターテインメントをうまく曲にしていて、華やかでゴージャス!

ジャズは、戦後の日本を活気づける色づけというか、盛り立てた役目があったと思いますが、ほんとうにお疲れ様でした。

まだまだ、お元気でご活躍されたのではと思いますが、大橋巨泉さんと天国で、楽しく語り合って音楽を楽しんでください。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサドーリンク