持田茜(しじみさん)の現在?カップや身長?wiki風!ノンフィクション

リレーアタック対策でアルミ缶?グッズおすすめ!カードポーチ防止




仕事がら、いろいろネットをふだんから目にしているのですが、ネットの世界は、玉石混合と言ったらよいのか、もし自分に子供がいたら、とても正視に耐えられないようなものもたくさんあります。

その一つにAVがらみのものありますが、一度見て、激しく後悔した映像がありました。

そこに出演した女優さんなのか、素人さんなのか、それは定かでありませんが、人並の人生をその後歩めているのだろうかと、ガチで考えてしまうような内容でした。

もし、自分がその子の親だったら発狂して、どうにかなってしまうのではと思うくらいの、内容です。

確かに、今は自由に何でもできますが、自由と言っても、人生をダメにするような自由は、うまい言葉が見つからないですが、どうなんだろうと思います。

そんな中、「ノンフィクション~お母さん、隠してゴメン」(2018年9月16日放送)より、まとめました。
語り;杉田かおる

持田茜(しじみさん)の現在?カップや身長?wiki風!

09065 300x186 - 持田茜(しじみさん)の現在?カップや身長?wiki風!ノンフィクション
生年月日:1983年10月6日

芸名:持田茜

出身地:島根県

2008年から映画・舞台を中心に活動。フリーで活動している。

身長:157cm。スリーサイズ:B83cm,W60cm,H88cm。シューズ:S23cm

エスワン専属女優としてエスワンスタートと同時にAVデビュー

2008年のAVグランプリでは、アウダースジャパンの「癒らし。」が女優部門優秀賞

数百本の作品に出演した後、2008年12月をAV女優を引退

2008年、故郷の名産品であるしじみと命名し役者として、映画やVシネマに出演するようになります。

2008年に主演した「うたかたの日々」が2010年の第22回ピンク大賞・作品ベストテン第1位を受賞。

その後一旦芸能界を引退し、地元の島根県に戻りますが、2016年1月に芸能活動を再開。

演劇ユニット 女々「ドブ恋9」は、いとうあさこ、鳥居みゆきなどを、ゲストに迎え下北沢小劇場B1で公演

このオムニバスの一編に持田さんは出演します。

ギャラは1回の出演に4000円ほどですが、持田さんにはふつうです。

東京都杉並区高円寺の3畳一間で家賃は53000円です。

上京してきた頃は、月収100万円のAV女優。

出演作は、200本以上で、アイドル並みの人気でした。

現実は、親戚一同が集まる場所には、呼べないと家族は思っている。

身内の恥と思われているが、自分も、仕事をしなかったら、そういう風に思っていた。

しょうがないけれど、悲しい。

実家に戻れず、OLやウエイトレスなど、職を転々とします。

AVには、脱がないと決めて出演しているとのことですが、必ず毎回「出演承諾書」を書かされます。

肖像権を相手に渡す承諾書には、人生を左右しかねない危うさがあります。

AVの仕事からなかなか抜け出せないそうです。

2年前は「ルノアール」でバイトをして、役者の仕事をしていましたが、AV業界は、昔からの仲がいい人も、いっぱいいるし、歓迎してくれるし、AVと言っても、セリフもあって、演技も多少できるので、楽しくてズルズルやっている。

拘束時間が短いのも、やめられない理由で、2時間で2万円です。

家賃の大半をこれで稼いでいます。

領収書と、請求書は、必ず持ち歩いています。

しじみさんの今を家族は、知らないそうです。

もう何年も、家族とひざを突き合わせて話していません。

父親は、会社経営をしていて、母親は公務員です。

3人兄弟の真ん中。

ところが、ささいなことで母親と大喧嘩すると、つまずきの始まりで、家族の中で孤立したすさんだ高校時代を送ります。

中学2年から、ずっと反抗期が続いているようなものです。

20歳のとき、家出同然で上京します。

その時、渋谷で若いAVのスカウトマンに「条件は何もないです。AVの出演です」

それだけ言われ「やります」と返事します。

不安になるとか考えず、相談する友だちも家族もいなかったので、やったと思う。

1回だけのつもりが、思わず評判をよび、次々と仕事が舞い込みます。

初めて人から認められたと思い、しかも親にバレるはずはないと高をくくっていました。

でも気がつけば、専門誌の表紙を飾るほどになっています。

4年ぶりに実家を訪ねたときも、まだ現役でした。

両親は、帰って来たしじみさんを見るなり「おまえ、AVに出ているのか」

その日から、何もかも変わりました。

しじみさんの知らない間に、妹が結婚式を挙げていたり、祖父母が亡くなったり、いろんなことがあったみたいですが、全然知らされません。

「あえて、呼ばないことにした」と言われた時は、悲しかったです。

自分勝手に生きてきて、自業自得だなと思ったが、葬式や結婚式に出席できなかったのは、悲しかった。

不安になるとか考えず、相談する友だちも家族もいなかったので、やったと思う。


これが現実かなと思います。

まとめ

管理人はBBAなので、若い人を見ていると、若い時は、見えなかったことが見えるときがあり、おそらくAVなどを経験していた子の目は、見るとわかります。

それは、独特の悲しみを感じる目をしているからです。

本人が、好きにすれば良いといいますけれど、人間は勝手に生まれてくるのではなく、宗教臭いことをいうようですけれど、一族が繁栄するためという話があります。

自分の行動が、一族に繁栄をもたらせるものか、ピンとこないかもしれないけれど、気持ちに留めてもらえたらと思いました。




スポンサドーリンク