東郷かおる子の年齢をwiki風で!queenクイーンと関係?経歴インスタ?

守谷絢子さま出産予定日や病院はどこ?高円宮家三女夫は守谷慧さん

ここのところクイーンの映画「ボヘミアン・ラプソディ」の話題で持ちきり状態と言った感じです。

管理人が初めてクイーンを知ったのは、世代的に第2次黄金期のころなので、70年代の黄金期は知らないんです。

おそらく、そのころはのクイーンは、ベルサイユのバラさながらに、リアル・オスカルが現れたような感じで日本の女性たちが熱狂したんじゃないかと思います。

少女漫画=クイーンのような図式があったのかなと、勝手に思っています。

思い過ごしではなく

管理人が初めてフレディ・マーキュリーを見たときには、オスカル的な風貌はすっかりなくなり、短髪か女装姿だったので、黄金期のころ熱狂していた人たちの気持ちにはほど遠いものがあります。

それと、日本でクイーンがブームになった、その火付け役とも言えるのが、ミュージックライフの東郷かおる子さん。

管理人などには、東郷かおる子さんと言ったら、外タレと接点を持てる神様のような存在の人です。

そんな神様のことを書くなど、恐れ多いように思うのですが、ハタと気になったのでまとめました。

スポンサドーリンク



東郷かおる子の年齢をwiki風で!経歴インスタ?

出身地:神奈川県

高校卒業後、新興楽譜出版社(現シンコーミュージック・エンターテイメント)入社

1978年から90年まで洋楽専門誌「ミュージック・ライフ」編集長を務めますが、海外のジャーナリストのようにベラベラ英語を喋れるわではないそうです。

当時は圧倒的に情報がないので、「キャッシュ・ボックス」と「ビルボード」と「NME」を読んで、辞書を引きながら、ツアーなどの情報を得ていました。

1990年に退社後は、フリーの音楽評論家として活動

年齢は、はっきりわかりませんが、「1969年のウッドストックで・・・」というインタビュー記事を見て、ちょうど高校を卒業して入社したころの話だと思うので、1950年くらいの生まれじゃないかと思います。

1950年は、いわゆる五黄土星の寅年で、最強運と言われています。

東郷さんが、本当に好きだったアーティストは、二人しかいなくて、一人はロバート・パーマー、もう一人はダリル・ホールなんだそうです。

ロバートパーマーは、管理人も好きでしたが、これだけのアーティストにふれていて、なんだか意外です。

東郷さんは、昔からベリーショートの印象ですが、これもツイギーとかの影響なのかもしれませんね。

twitterやinstagramはやっていないようです。

東郷かおる子のqueenクイーンと関係?

1975年4月に、クイーンは初来日を果たしますが、当時、クイーンが所属していたレコード会社のワーナーパイオニアと「ミュージックライフ」が推して、半年ほどで人気に火がついたそうです。

それまで、ツェッペリン、ELP、Yes、ピンク・フロイドなど、東郷さんに言わせれば、めんどくさい音楽ばっかりだったそうです。

そこへ少女漫画の世界から飛び出してきたようなクイーンが人気となります。

萩尾望都さんとか一条ゆかりさんとか、その辺と重なるんじゃないかなと。

ちょうど漫画と音楽の世界が一致した中で熱狂できたのは、確かにうらやましく思えます。

まとめ

あらためて、いろいろ見ていると東郷さんは、70年代のロックを語り継いでいる人なんだなと思いました。

ミュージックライフを読まなくなって久しいのですが、雑誌の世界ではなく、方々のメディアで活躍されていて、貴重な経験を語り継いで、それが共有の財産となるのが、良い形になっているのでしょうね。

初めてミュージックライフを買ったとき、うれしくて思わず、本のインクの匂いを嗅いじゃったんです。

そのインクの匂いは、今でも覚えています。

スポンサドーリンク