堂珍嘉邦が離婚成立!理由や原因は敦子夫人?子供5人の親権や慰謝料?

01013 - 堂珍嘉邦が離婚成立!理由や原因は敦子夫人?子供5人の親権や慰謝料?

CHEMISTRYの堂珍嘉邦さんが2019年1月1日、昨年末に離婚していたことを公式サイトで発表したと話題になっています。以前より、離婚のうわさがありましたけれど、本当にお別れになってしまったんですね。

個人的に、敦子夫人は好きだったので、こんなかわいい奥さんと子供5人もつくって、それでもダメだんなんて、ちょっと信じられません。

スポンサドーリンク



堂珍嘉邦のプロフィール

堂珍 嘉邦(どうちん よしくに)

生年月日:1978年11月17日

出身地:広島県安芸高田市(旧八千代町)

1999年、バラエティー番組「ASAYAN」の企画で、「男子ボーカリストオーディション」で選ばれた川畑要と共にボーカルユニットを結成します。

2001年にCHEMISTRYとしてデビュー、3月に発売した1STシングル「PIECE OF A DREAM」で、いきなりオリコン1位を獲得します。

2012年7月25日からソロとして活動を展開しています。

堂珍敦子のプロフィール

01012 300x285 - 堂珍嘉邦が離婚成立!理由や原因は敦子夫人?子供5人の親権や慰謝料?
引用元:http://news.livedoor.com/article/
別名義:原田梓帆(はらだ しほ)、森田 敦子、森田 あつ子

生年月日:1978年7月17日

出身地:奈良県

出身学校:大阪女学院高等学校(偏差値62~68)

公称サイズ(2007年5月時点)
身長:168 cm
スリーサイズ: 81 – 59 – 85 cm
靴のサイズ:24.5 cm

1999年、雑誌「JJ」の専属モデルとして活躍

2000年、キリンビールのキャンペーンガールを務めます。
2004年、6月1日、25歳でCHEMISTRYの堂珍嘉邦と結婚。
2004年12月11日、第1子長男を出産。産休を経て、30代主婦層向けファッション誌「VERY」の専属モデルとして芸能活動を再開します。
2006年7月号より三浦りさ子の後任として「VERY」の表紙モデルを務めますが、第2子妊娠により2007年6月号を最後に井川遥と交代します。

2007年11月17日、29歳で第2子次男を出産。

2009年6月1日、30歳で第3子・第4子となる双子三男と長女を出産

2014年2月末、35歳で第5子四男を出産

敦子夫人は、鎌倉に住んでいて、堂珍さんは都内のマンションという話です。

スポンサドーリンク



堂珍嘉邦が離婚成立!理由や原因は敦子夫人?

上のお子さんは、14歳で中学生を筆頭に、一番下の子は4歳です。

一番、かわいい盛りで、しかも男の子が4人とは、子育てが大変だと思うのですけれど、何が原因なんでしょう?

第5子を2014年2月に出産をしていますが、2013年12月のころから別居をして、敦子夫人から離婚を切り出されていたようです。

2012年に堂珍さんは、CHEMISTRYの活動を休止し、4月には世田谷にあった自宅を売却しています。

その時にも、離婚話が持ち上がります。

堂珍さんは、敦子夫人の「内助の功」を求めますが、敦子夫人は、モデル活動で表に出ることを希望したことによるすれ違いが生じます。

この時は、話し合いなどで乗り越えますが、敦子夫人が子育てにあたって「環境の向上」を希望したことから、神奈川県に引っ越し、敦子夫人から第5子の妊娠したことで関係が修復したと思われます。

ところが、敦子夫人から「生まれる前に離婚をしてほしい」と切り出されたそうです。

子供5人の親権や慰謝料?

敦子夫人は、偏差値60以上の大阪女学院高等学校で、北川景子さんも在校していた学校です。

向学心というか向上心が旺盛なのかもしれませんが、双子を出産したころから、もっと赤ちゃんとかかわることがしたいと、40を近くにして、何かできると考えるようになり、2017年から看護専門学校に入学をし助産師の勉強をしているとか!

子供を送り出した後、平日は毎日夕方まで授業を受けているそうです。

これまでのモデルとしての収入があるのかもしれませんが、敦子夫人自身、偏差値の高い学校へ通っていたので、子供にもそれなりの教育を考えていると思います。

慰謝料というか養育費は、それなりに堂珍さんからもらうのかなと、下種の勘繰りをしてしまいました。

まとめ

個人的には、こんなかわいいお嫁さん、別れるなんて、もったいないなーと思います。

ネットの声を見てみると、

1 - 堂珍嘉邦が離婚成立!理由や原因は敦子夫人?子供5人の親権や慰謝料?
三浦りさ子さんから華々しく女性誌の表紙モデルを引き継いだ途端に妊娠して降板したのよね。 
妊娠したのが悪いとは、もちろん思っていませんが、井川遥さんはお子さんがいて、うまくタレントとの活動も回っているから、良いのだと思います。

堂珍さんは、ひとところの華やかさはなくなったように思えますが、それでも、アーティストとして、いいポジションにいたと思ったのに、何が違っていたのか、そこらへんまでは情報得られず残念。

スポンサドーリンク