仲邑菫(なかむらすみれ)プロ棋士wiki風で!両親の職業は?高見小学校

大沢樹生の息子が逮捕!画像や名前は?本当の父親は誰?喜多嶋舞同棲女性へ暴行容疑

なんと、最年少で女の子のプロ棋士が誕生と話題になっています。

囲碁の日本棋院は5日、新設した「英才特別採用推薦棋士」の適用第一号として、大阪市立高見小4年仲邑菫(なかむらすみれ)さん(9)の採用が内定したそうです。

菫さんは今年4月に10歳0か月でデビューする予定で、これは国内で史上初なんだそうです。

スポンサドーリンク



仲邑菫(なかむらすみれ)プロ棋士wiki風で!

01056 224x300 - 仲邑菫(なかむらすみれ)プロ棋士wiki風で!両親の職業は?高見小学校
引用元:https://mainichi.jp/
菫さんは、母の幸さん(38)の手ほどきで3歳から碁を覚えます。

父の仲邑信也九段が、韓国の囲碁の環境を知り、日本とは全く違うと感じ、菫さんが世界を狙うには、韓国で勉強をさせなければと思い、7歳から一家3人で韓国・ソウルに渡って修業を始めます。

一応、日本での義務教育履修のため日韓の往復生活が続いていますが、菫さんはすぐに韓国語を覚え、両親の通訳にもなっています。

2017年、現地の小学生低学年のチャンピオンにもなります。

2019年、韓国棋院のプロ候補生である研究生になります。

平日は名門「韓鐘振(ハンジョンジン)囲碁道場」で、週末は韓国棋院で対局を重ねています。

現地のプロ志望の子どもたちは朝、学校に顔を出すとすぐに道場に向かい、夕方まで囲碁の勉強をする子が多いんだそうです。

菫さんは、根っからの負けず嫌いで、負けると大泣きするそうですが、卓球の福原愛ちゃんを思い出します。

名人をうならせているので、原石のような子なんでしょうね。

かわいい☆


負けている人がいる!


ほんとに、スゴイんですね。

プロ棋士ということですが、囲碁はタイトル戦というのがあり、それにより賞金が違うようです。

例えば名人戦の予選では13万円から賞金がもらえるらしいです。

スポンサドーリンク



仲邑菫(なかむらすみれ)プロ棋士両親の職業は?

お父さんは、日本棋院関西総本部所属の仲邑信也九段(45)です。

ただの家のお嬢さんじゃないんですね。

仲邑九段のの長女になります。

母は、囲碁の元インストラクターの幸(みゆき)さん

まとめ

環境は、大きいです。

フィギュアスケートよりは、お金がかからなさそうですが、親が徹底しているので、素質もあるのでしょうが、強くて当然なのかなと思いました。

一番、かわいいときだと思いますが、テレビでも対局を見られるのか、今から楽しみです。

スポンサドーリンク