石破茂の妻の佳子が美人!嫁の顔画像若い頃!経歴や出身大学?プレゼント!

石破茂の妻の佳子が美人!嫁の顔画像若い頃!経歴や出身大学?プレゼント!

石破茂さんと言うと強面なんですが、奥さんのことは、一目会ったとき、こんな美人がいるんだと思ったなんて、そんなエピソードが意外な感じがします。

どんな人なのか気になったので、まとめてみました。

まずは石破茂さんのプロフィールから

スポンサドーリンク



石破茂の経歴とプロフィール

石破 茂(いしば しげる)

生年月日:1957年(昭和32年)2月4日

出身地:鳥取県八頭郡八頭町出身、東京都生まれの説があるとのこと。

自由民主党所属の衆議院議員(11期)、水月会会長、自由民主党水産総合調査会顧問。

血液型:B型

防衛庁長官(第68代・第69代)、防衛大臣(第4代)、農林水産大臣(第49代)、自由民主党政務調査会長(第52代)、自由民主党幹事長(第46代)、内閣府特命担当大臣(国家戦略特別区域)、内閣府特命担当大臣(地方創生)、さわらび会会長、無派閥連絡会顧問、自民党たばこ議員連盟副会長などを歴任します。

父は、建設事務次官、鳥取県知事、参議院議員、自治大臣などを歴任した石破二朗

石破茂の妻の佳子が美人!嫁の顔画像若い頃!経歴や出身大学?プレゼント!
父二朗が1958年に鳥取県知事になったことで、茂に東京の記憶はありません。

茂の出生時、父の二朗は48歳と高齢でした。。

母親は、自身が国語教師でした。

鳥取大学教育学部附属中学校を経て、慶應義塾高等学校に進学します。

1979年、慶應義塾大学法学部法律学科卒業

大学2年生の時、全日本学生法律討論会で第一位になります。

1979年、三井銀行(現三井住友銀行)に入行。

1981年、父の二朗が73歳で死去。父の死後、二朗の友人であった田中角栄から「おまえが(おやじの後に)出ろ」と薦められ、政界入りを志します。

1983年、三井銀行を退職し、田中角栄が領袖の木曜クラブ事務局に勤めます。

1986年、第38回衆議院議員総選挙に自由民主党公認で鳥取県全県区(定数4)から出馬し、得票数は最下位ながら4位で初当選した。当時28歳で、全国最年少の国会議員でした。

スポンサドーリンク



石破茂の妻の佳子が美人!嫁の顔画像若い頃!

1957年生まれ

東京都出身

昭和電工元取締役の中村明の次女

石破氏とは慶応大法学部の同級生で、佳子さんは学生時代、同級生のあこがれの的だったそうです。

大学を卒業すると丸紅商事に就職します。

1981年、石破氏の父が他界した際に、佳子さんが弔電を送ったことがきっかけとなり交際が始まります。


上品で、かわいらしい感じの方ですね。

クビにシワがなくてキレイです。

夫人の若いころと言っても、いつの写真か定かでないのですが、おそらく今よりは若干若かったころのお写真だと思います。

お堅い御家のまじめな方なんでしょうね。
石破茂の妻の佳子が美人!嫁の顔画像若い頃!経歴や出身大学?プレゼント!
こちらは7年前のお写真

石破茂の妻の佳子さんへのプレゼント!

打吹公園だんご

石破茂カレーレシピ約5人分

・カレールー 5皿分
・ガラムマサラ 小さじ1/2

・カレーパウダー 大さじ1/2

・手羽元 6本

・人参 2/3本

・玉ねぎ 大1個

・鳥取県のラッキョウ 約45グラム

・梨ワイン 36cc(鳥取県産)

・インスタントコーヒー 大さじ1/4

鳥取の梨ワイン

久しく、こんなお上品な方、目にしていなかったように思いますがが、夫人選びってあらためて大切だと思いました。

スポンサドーリンク