定塚由美子官房長の経歴や年齢は?出身大学や夫?プロフをwiki風で!

人食い用水路!岡山県の側溝!画像や動画は?場所は?その後が気になる

先日、厚労省の統計不正で、COBOLがわかる人間が高齢者と話題になりましたが、局長課長級からの聴取に、人事を握る定塚由美子官房長が同席したとのこと。

定塚由美子官房長が注目をされているので、まとめてみました。

スポンサドーリンク



定塚由美子官房長の経歴や年齢は?出身大学や夫?

定塚 由美子氏(じょうづか・ゆみこ)

埼玉県出身

1984年(昭59)東京大学法学部卒業

1984年労働省入省(現在の厚生労働省の前身)

2012年雇用均等・児童家庭局総務課長

2014年内閣官房内閣審議官(内閣人事局)

1984年に大学を卒業しているので、ストレートで卒業したと考えると、58歳くらいでしょうか。

定塚由美子官房長の夫?

夫は、現在、札幌地方裁判所長、札幌簡易裁判所判事の定塚誠氏

入省3年目と7年目という早い時期に出産と育児を経験しています。

1993年には長男だけを連れて岡山県国際交流課長に出向赴任しているのだそうです。

ということは、長男は31歳くらいでしょうか。

2018年に、サプライズとして定塚由美子氏が社会・援護局長から官房長に抜擢されたそうです。

定塚氏の官房長抜擢は、女性活躍に熱心な加藤勝信厚労相の意向でした。

2019年の通常国会には働き方改革関連法案のような重要法案はなく、年末の予算編成も負担増に繋がる制度改正など重要案件がないため、「根回し能力に乏しい定塚氏でも務まる」と判断からです。 

スポンサドーリンク