ディケンズ病や猩紅熱の疾病wiki風!原因や症状は?治療や予防方法?

あんな アルメニアのハーフモデルのプロフィールやインスタグラム?

結核は不治の病とされていましたが、治療薬のおかげで、結核による死亡者は、減ったものの根絶したわけではないんですよね。

イギリスで19世紀から20世紀初頭にかけて流行した猩紅熱(しょうこうねつ)や栄養不良などによる「ディケンズ病」と呼ばれる疾病が再燃し、患者数が増えているそうです。

薬など、ないのでしょうか?

気になったので、まとめてみました。

スポンサドーリンク



ディケンズ病や猩紅熱の疾病wiki風!

ディケンズ病ですが、ディケンズ病という特定の病気のことではなく、「ヴィクトリア朝時代に流行した病」のことを指すのだそうです。

「ヴィクトリア朝の病」と言わずに「ディケンズの時代の病」「ディケンズの小説に出てくるような古い病気」とした方が、大衆に訴えるには効果的な意図からのようです。

猩紅熱(しょうこうねつ)は、小児に多い発疹性伝染病です。

明治時代には、法定伝染病に指定され恐れられていた病気の一つでしたが、抗生物質が開発された後には、容易に治療が可能となりました。

これにより、法定伝染病として届け出が必要なくなり、一般的な溶連菌感染症として診断・治療を行うことがほとんどです。

イギリスでも1950年代には根絶したのですが、小児や若者を中心に、2010年から2011年以来52%増加し、年間3,000人以上が入院を余儀なくされています。

ヴィクトリア女王

ヴィクトリア女王は、イギリス・ハノーヴァー朝第6代女王で、世界各地を植民地化・半植民地化して繁栄を極めた大英帝国を象徴する女王として知られています。

その治世は「ヴィクトリア朝」と呼ばれ、在位は1837年6月20日~ 1901年1月22日と、63年7か月にも及び、歴代イギリス国王の中ではエリザベス2世に次ぐ長さです。

ちょうどヴィクトリア女王の映画が、公開されています。

ディケンズ病や猩紅熱の疾病原因?

今回、猩紅熱や栄養不良や百日咳などの「貧者疾病」が増加したのは、イギリス政府による緊縮財政を強行したことで、貧困層も利用できる健康検査や発病予防のプログラムが削減されたからなんだそうです。

1 - ディケンズ病や猩紅熱の疾病wiki風!原因や症状は?治療や予防方法?
英国人では確かに根絶したかも知れないが、他国から来る移民にワクチン等の接種してない人が多いから、外部から感染症が、
流入したと思わないと解釈できない。

先進国の欧州では、この様な感染症のワクチン接種を義務化した人が多い。

しかし、シリア難民等を無制限に受け入れしたので、ドイツを足場に欧州全土に難民が、感染症と共に拡散した結果、イギリスでは撲滅した感染症が猛威を奮っている。

あると思います。

スポンサドーリンク



ディケンズ病や猩紅熱の症状は?治療や予防方法?

猩紅熱は、小児を中心とした感染症疾患です。

咽頭炎や皮膚感染症などを引き起こすことが知られています。

猩紅熱を発症すると、主に皮膚の発疹と咽頭炎、扁桃炎などが現れます。

また、「イチゴ舌」と呼ばれる、ぶつぶつが出ることもあります。

治療は、抗生物質の内服により抑制されます。

予防は、ワクチンによる予防があります。

まとめ

ディケンズ病というので、どんな病気なのかと思ったら、当時、貧困者がかかりやすい病気の総称として使われたとのことですが、ヴィクトリア女王は、世界中を植民地化した女王さまですけれど、血友病を持っていたそうです。

この女王さまの血友病ですが、先祖に血友病になった者の記録はなく、女王の子孫の男子の中に血友病を発症するものが多くいたことで、女王さまが何らかの突然変異で血友病の因子を持ったと考えられています。

植民地化したことの代償なのかと考えるのは、考えすぎでしょうか。

スポンサドーリンク