柴山昌彦はハーフでイケメン?妻や秘書と評判プロフィールを調査!

沖縄県知事選挙では、自民党・公明党が総力をあげて支援した佐喜真淳氏が惨敗してしまいました。

そんな中、総裁特別補佐として、細田派に所属する柴山昌彦(52)を初入閣させることになりました。

ネットでは「ハーフ」と出てきます。

いったい、どんな人なのか、ちょっと気になったので、まとめました。

スポンサドーリンク



柴山昌彦のプロフィール

生年月日:1965年12月5日(52歳)
出身地:愛知県名古屋市
出身校:東京大学法学部第1類
前職:住友不動産従業員、弁護士

1978年狭山市立狭山台南小学校卒業

1978年私立武蔵中学校入学

1981年所沢市に転居

1984年東京大学文科I類入学、

1986年法学部第1類(私法コース)

1990年住友不動産に入社しますが、1年半で退職した。

1998年まで、何をしていたのかわかりませんが、長い苦難が待ち構えていたようです。

1998年、司法試験に合格し、2000年に司法修習53期を修了

2004年3月、衆議院埼玉8区の補欠選挙が実施されるにあたり、自民党の公募に合格。

2004年4月、埼玉8区の補欠選挙に出馬。木下厚(民主党)を破り柴山が初当選します。

2012年4期目の当選、総務副大臣

2013年衆議院内閣常任委員長就任

柴山昌彦はハーフでイケメン?

10011 223x300 - 柴山昌彦はハーフでイケメン?妻や秘書と評判プロフィールを調査!
確かに、ハーフっぽい顔立ちですが、純粋な日本人だと思います。

Facebookに使われている写真を見ると、けっこうイケメンです。

総務副大臣や、衆議院内閣常任委員長など歴任して、いろんなご苦労があったのかもしれません。

たいがい、SNSに使われている写真って、若くて良かったころの写真を使っている人が少なくないですねw

安倍さんくらいになると、堂々としていて、わざわざ若いころの写真など使っていないので、そこらへんで差がつくのかなと、ちょっと思いました。

スポンサドーリンク



柴山昌彦妻や秘書と評判を調査!

2003年に知人の紹介で、結婚をしますが、当時は選挙に出るとは考えていなかったそうです。

一人、お嬢さんがいます。

信条が「正直者がバカをみるのは、まっぴらごめん」なんだとか。

確かにそうなんですけれど、世の中の人が、そんな器用に渡っていける人ばかりではありません。

柴山氏は、外国人労働者の受け入れを積極的に考えいているようです。

警戒されているのかな。

柴山昌彦ツイッター

スポンサドーリンク