カールラガーフェルドが死去!死因は病気?妻や子供家族は?シャネル後任誰?

カールラガーフェルドが死去!死因は病気?妻や子供家族は?シャネル後任誰?

うわっびっくりしました。

シャネルで長年デザインを務めてきたカールラガーフェルドが、とうとうお亡くなりになってしまわれました。

いつまでも、ずっといるのかと錯覚をしてしまっていましたが、そんな不死身な人は、この世にはいません。

しかし、ココシャネル亡き後、カールラガーフェルドが長らくシャネルのデザインを務めてきたので、実質、シャネルの顔とも言っていい存在だったと思います。

しばらくファッション系の雑誌を見ていないので、どうなっているのか正直わからないのですけれど、気になったのでまとめました。

スポンサドーリンク



カールラガーフェルドの経歴とプロフィール

カール・オットー・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)

生年月日:1933年9月10日~2019年2月19日

出身地:ドイツハンブルグ

ファッションデザイナー、写真家。

パリを拠点に、シャネル、フェンディ、それに自身のシグネチャーブランドのヘッドデザイナー、あるいはクリエイティブ・ディレクターを務めていました。

父親はビジネスマンのオットー・ラガーフェルド(1881~1967)、母親はエリザベス・バーマン(1897~1978)。彼の父オットーは無糖練乳を生産し輸入する会社を経営していました。

母のエリザベスはオットーと出会ったころ下着のセールスの仕事をしていてベルリンに住んでいました。また、母方の祖父であるカール・バーマンは中央党 (ドイツ)の地元政治家でした。オットーとエリザベスは1930年に結婚。一家は復古カトリック教会に従う家庭。

カールラガーフェルドが生まれた年、ヒットラー政権が誕生しました。

1954年、パリオートクチュール組合が経営するパリ・クチュール組合学校「サンディカ」でファッションを学びます。この時の同級生にアルジェリアから来たイヴ・サン=ローラン、それと日本から来た小池千枝がいました。

1955年、国際羊毛事務局(International Wool Secretariat 現ザ・ウールマーク・カンパニー)の支援するデザインコンテストのコート部門で優勝したカールはピエール・バルマンのアシスタントとして雇われます。

3年間バルマンの下で働いたのちの1958年、ジャン・パトゥの下に移籍して5年間にわたり年2回発表されるオートクチュールのデザインを行います。

若き日のカールラガーフェルド

1980年代には様々な会社と契約を結んでデザインを行っていますが、その一つが伊勢丹で、メンズ、ウィメンズで30点ほどの製品を発表しています。

この後、1982年にシャネルと契約!

ちょっと話がズレますが、この流れと類似しているのが、チョコレートのジャン=ポール・エヴァン。

1984~1985年、日本に上陸してまだ数年しか経っていないフランスのパティスリー「ペルティエ」の東京店のシェフパティシエになり、その後、自身のお店を構えます。

1983年からシャネルのオートクチュールを手掛けます。

シャネル復活と言われ、カールラガーフェルドのミューズとして8年近く活躍したイネス・ド・ラ・フレサンジュと。

1984年からはプレタポルテにも。

スポンサドーリンク



カールラガーフェルドが死去!死因は病気?

今年2019年1月のシャネルのオートクチュール・コレクションを体調不良のため欠席しいたそうです。

こちらは、2月6日インスタに投稿されたカールラガーフェルド

 

View this post on Instagram

 

From Karl to @carineroitfeld: congratulations for reaching 1 million followers on @crfashionbook! 👏🏼 #KARLLAGERFELD

KARL LAGERFELDさん(@karllagerfeld)がシェアした投稿 –

こちらは、亡くなる3日前の投稿ですが「TOKYO」の文字が!

 

View this post on Instagram

 

Around the world in one bag collection. 🌎 Discover the K/City styles, online and in stores now. #KARLLAGERFELD

KARL LAGERFELDさん(@karllagerfeld)がシェアした投稿 –


2月18日入院をして、2月19日の朝、85歳で生涯を閉じられました。

死因は膵臓がんによるものです。

こちらは、おそらくカールラガーフェルドが亡くなった後、スタッフによる投稿です。

 

View this post on Instagram

 

A polka dot bag always hits the right spot. #KARLLAGERFELD

KARL LAGERFELDさん(@karllagerfeld)がシェアした投稿 –

カールラガーフェルドの飼っているシュペットという名前の猫には、2人の専属メイドがいて、世界有数の高給取りとして知られています。

2015年にはシュウウエムラとのコラボレーションなどの仕事で約3億5000万円の収入があったそうです。

シュウウエムラこれですね!

その猫のインスタグラムが、こちら!

 

View this post on Instagram

 

Happy #FathersDay from our completely normal family to all the Daddies out there! 😹 @crispino21

Choupette Lagerfeldさん(@choupettesdiary)がシェアした投稿 –

シャネル後任誰?

カールラガーフェルドは、年間8つのコレクションをしてきました。

カールラガーフェルドにとって、生きるそのものですが、ヴェネチアのカーニバルを年中やっているようなものと表現しています。

早くも後任が決まったそうです。

ヴィルジニー・ヴィアール Virginie Viard

1987年、両親の知人の推薦で、オートクチュール刺繍のインターンとして入社し、カールラガーフェルドの右腕と称されるまでになります。

ココシャネルが生きていたら、まさに選びそうな職人気質の人なのかもしれません。

カールラガーフェルド妻や子供家族は?

カールラガーフェルドは、結婚をしておらず、また子供もいません。

ジャック・ドゥ・バッシェール(1951~1989)と長らく同棲関係にあり、それはジャックが死ぬまで続いたそうです。

まとめ

ユニクロのようなファストファッションが、定番となった世の中にあって、シャネルのようなラグジュアリーなブランドが、これでいよいよ存続できなくなるのかな?

それは、ないと思いたいけれど、もしかして、いい時にお亡くなりになられたのかもしれません。

カールラガーフェルドにとって、ユニクロなどは、どんな風に映っていたんでしょう。

スポンサドーリンク