阿部定の生い立ち?大正楼の篠山どこ?画像は?特定空き家で元遊郭!

徳川慶喜の子孫の現在や家系図は?側室や渋沢栄一?秋篠宮文仁似てる?

かの有名な阿部定さんの映像を、テレビで初めて見たとき、衝撃が走ったことを覚えています。

映像が残っていたこと自体も驚いたのですが、その後の消息がわからないというのも、伝説のように語られる要因になったと思います。

いわゆる「阿部定事件」として映画になったのは知っていましたが、それ以外のことは、古い話なので詳しくしりませんでした。

そんな阿部定さんが、最後に遊女として勤めた場所が、老朽化により取り壊しになると話題になっているのでまとめてみました。

スポンサドーリンク



阿部定の生い立ち?

阿部 定(あべ さだ)

生年月日:1905年(明治38年)5月28日~没年不明

芸妓、娼妓、阿部定事件の犯人として知られます。

定は江戸時代から続く裕福な畳店「相模屋」の阿部重吉・カツ夫妻の末娘として東京市神田区新銀町(現東京都千代田区神田多町)に生まれます。

母カツの母乳の出が悪く、1歳になるまで近所の家で育てられ、その影響もあってか、4歳になるまで家族とも会話ができませんでした。

後に癇癪持ちになり、裁判時にヒステリーと診断されますが、幼児期のこうした体験が関連があるのではとも言われています。

8人兄弟ですが、長女、次男、三男は幼くして亡くなり、四男は養子に出され、定が神田尋常小学校(現在の千代田小学校)に通う頃には20歳以上年が離れた長男の新太郎、17歳年上の次女のとく、6歳年上の三女・千代の4人兄弟でした。

定は母親の勧めで進学する前から三味線や常磐津を習い、相模屋のお定ちゃん(おさぁちゃん)と近所でも評判の美少女でした。

孫のように年が離れた末娘に母は稽古事の際には毎回新しい着物を着せ、大人のように髪を結わせて通わせます。

また定もこれが似合う美少女であったので、猫かわいがりしていた両親にとって、鼻が高かった。

定の見栄っ張りで、高慢な性格はこの頃から見受けられるようになります。

両親は、学校生活よりも歌や踊りや三味線の稽古を優先して育てていたことから、小学校の教師から注意を受けていました。そのような環境のためか、10歳になる頃には、大人の営みの意味を知っていたとか。

高等小学校に進学するも、15歳の時に自主退学しますが、どちらかと言えば、「親分肌の性格」と隣人が証言しています。

15歳(数えのため満14歳)の頃、大学生と二人でふざけているうちに、同意なく関係をもたされてしまいます。

このことで、定は出血が2日も止まらず恐ろしくなり、母がその学生と話をしようと自宅まで行きますが、本人とは会えず、泣き寝入りする形になります。

定は16歳の終わり頃に初潮をむかえた。初潮前に経験をしてしまった定は、その後不良少女になっていきますが、本人によれば「もう自分は処女でないと思うと、このようなことを隠してお嫁に行くのはいやだし、これを話してお嫁に行くにはなおいやだし、もうお嫁にいけないのだと思いつめ、ヤケクソになってしまった」

丁度その頃、阿部家は長男と次女の男女問題や家業継承問題でもめており、母は家庭内の揉め事を年頃の定に見せないように、小遣いを渡して自由にさせますが、定は現代の金額にすると10万円から60万円もの大金を家から持ち出して、浅草界隈を仲間と遊びまわる不良娘になってしまいます。

そんな定に、父は時折厳しく叱りつけ、家から閉め出したりします。

後に浅草の女極道「小桜のお蝶」とも張り合うようになり、それは地元神田にまで定の名は轟く。

この頃の定の暮らしは、昼近くに目を覚まし朝昼兼ねた食事を女中に運ばせ、風呂を済ますと外出し、10人以上の不良少年に取り巻かれ、凌雲閣で映画を見て、映画が終わると居酒屋へ繰り出し夜遅く帰宅する。

今で言ったら、スカイツリーか、六本木ヒルズのようなものだったのだと思います。

このような生活は1年ほど続いたが、定が16歳の時に、三女・千代の縁談が決まると、体面を保つのと家を追い出される形で女中奉公に出ますが、屋敷の娘の着物や指輪を盗んだため警察の世話になり、1か月後に家に送り返されます。

父・重吉は非常に怒り、それから約1年間、定を自宅で監禁同様に過ごさせています。

長男の新太郎が両親の金をありったけ持って蒸発すると、畳屋を店じまいすることになり、阿部家はその頃埼玉県入間郡坂戸町(現:坂戸市)に転居しました。

しかし、阿部家は都内に何件かの貸家を持っていたため、生活に困ることはありませんでした。

その後の定は男と交際を繰り返し続け、見かねた父と兄は定が17歳の時に「そんなに男が好きなら芸妓になってしまえ」と長男の新太郎の前妻・ムメの妹の夫で女衒の秋葉正義に売られてしまいます。

しかも、定は秋葉に夜這いをかけられ、秋葉は4年ほど定のヒモになります。

神奈川県横浜市住吉町(現横浜市中区住吉町)の芸妓屋「春新美濃(はじみの)」に前借金300円で契約。源氏名「みやこ」として芸者の世界に入ります。

1年ほど春新美濃に在籍し、その後も横浜や長野で芸者として働らきますが、三味線が弾けるとはいえ特筆した座敷芸がない定は、座敷に出ると客に関係を強いられることが度々あり、それが嫌でした。

1923年(大正12年)の関東大震災の時、定はちょうど秋葉の家に遊びに来ていたが、彼の家は全焼。定は秋葉の家を助けるため、富山県富山市清水町の「平安楼」という芸妓屋に1000円以上の前借金をして店変えをし、前の店に返済した残りの金から300円ほどを秋葉に渡し、秋葉一家の生活の面倒を見るようになります。

20歳になると定は秋葉に騙されていたことを知り縁を切ろうとするが、「平安楼」の契約書が秋葉との連判であったため、その借金を返すべく1925年(大正14年)7月、長野県飯田市の「三河屋」に移転します。


ここでは「静香」と名乗り、売れっ子芸者になったものの性病になってしまいます。

父・重吉はどうせ男に懲りて家に戻ってくるだろうと追い出したのですが、自ら進んで遊女に身を落とします。

1927年(昭和2年)、大阪府大阪市西成区にある飛田新地の高級遊郭「御園楼」に前借金2800円で契約、連判者は父の重吉であった。ここでは「園丸」と名乗り、売れっ子娼妓となります。

1年ほどすると常連客の会社員から身請けの話が出たが、その男性の部下も定の常連であり、身請け話は立ち消えになる。その後は逃走と失敗、トラブルを起こしては店を変え、大阪・兵庫・名古屋の娼館を転々とし、どんどん客層の悪い店に落ちていきます。

1933年(昭和8年)1月、大阪で母のカツが死亡したという電報を受け取ります。

翌1934年(昭和9年)正月、日本橋の袋物商の妾をしていた定の元に、父の重吉が重病だという知らせが届く。10日間つきっきりで看護しますが、重吉は病死。

定は愛人を何度か変えると、ある愛人から婚約不履行で訴えられ、名古屋に逃れます。

1935年(昭和10年)4月に名古屋市東区千種町(現名古屋市千種区)の料亭「寿」で、名古屋市議会議員で中京商業学校校長の大宮五郎と知り合い交際していた。紳士的な大宮は定にとっては今まで会ったことがない男性でした。

大宮は娼婦や妾をしていた定を人間の道に外れたことだと叱り、更生するように定を諭した。

大宮から、まじめな職業に就くようにと諭され、新宿の口入屋を介して紹介されたのが奇しくも石田吉蔵の経営する東京中野の料亭・吉田屋であった。彼は後々定に店を持たせようと考えていた。

「田中加代」の偽名を使い吉田屋で働き始めた定と石田は知り合ってまもなく不倫関係になり、石田の妻もこの関係を知るようになると二人は出奔。定は嘘をつき大宮に逃亡資金を何度か無心している。大宮は後に重要参考人として身柄を拘束され、取調べを受け不問となるが、学校の卒業生に合わせる顔がないとその後は隠居生活を送っている。

1936年(昭和11年)5月18日、定は石田を殺害した容疑でお縄になります。

長田幹彦が阿部定事件に至るまでを描く。半世紀を超えて初の復刻となる幻の作品です。

規約の関係でリンクを貼れないのですが、事件については、こちらに画像つきで詳しく出ています。

http://ogucci.web.fc2.com/category/case01.htm

阿部定事件を報じる記事

懲役6年の判決を受けますが、1941年(昭和16年)に「皇紀紀元2600年」を理由に恩赦を受け出所。

晩年は、上野あたりに住んでいたみたいです。


1967年(昭和42年)、62歳の頃、秋葉の家を離れ清水社長から出資してもらい、台東区竜泉に「若竹」おにぎり屋さんを開店。若竹には浅香光代ら芸能人のほか、有名力士や相撲部屋親方、国会議員、阿部定事件を担当した法曹界の人間などもたびたび訪れており、特に事件当初より定に心酔した土方巽は常連客だったそうです。

「いなせ!」堅気には見えないです。

スポンサドーリンク



大正楼の篠山どこ?画像は?特定空き家で元遊郭!

大正楼は、明治41年(1908)、陸軍歩兵七十連隊が同町内に移転したことに伴って設置されました。

時期は定かではありませんが、売春防止法が完全施行された昭和33年(1958)までに京口新地もなくなったとみられています。

昭和6年頃、26歳の冬。妓楼「大正楼」で阿部定が働いていたと言われ、源氏名を「おかる」と名乗っていました。

ところが、客と駆け落ち同然で逃げ出したものの連れ戻され、源氏名を「育代」に変更。

大正楼は仕事がきついからと、なおも逃亡を試み、ある時、表の大鍵が下りていながら、かかっていないことに気がついたので、客を送り出した後、店の者を安心させ、そっとそこを抜け出し、一番電車を待って、神戸まで逃げてしまい、それ以来、娼妓から足を洗ってしまったとか。

大正楼にいたのは、約半年ほどだったみたいです。

 

わずか半年ほどしかいなかったのにも関わらず、ずっと名前がついてきてしまったなんて、ある意味スゴイです。

阿部定の生い立ち?大正楼の篠山どこ?画像は?特定空き家で元遊郭!

上の写真ですと木に隠れてわからないのですが、ひょうたんの形の飾り窓があり、それが”妓楼”らしいというのかな。

〒669-2436 兵庫県篠山市池上379~26


「京口新地」と呼ばれた遊郭跡とのことですが、なんだかおしゃれに見えるかも。


ネットの声では、

「こういう建物は日本各地に残っていて、あるものは民家として、あるものは旅館として、あるものは料亭として使われている。元遊廓は決して暗いだけの過去ではない。」

「軍隊があったところにはこういうのができる。
大阪の信太山に現在も営業しているところがある。」

「有名な温泉地にも遊郭だった建物があり、保存するという動きもあったものの、女性軽視だということで壊され、今は駐車場になってしまいました。

遊郭は、確かに負の遺産でもあるけれど、そこで育まれた文化とか多いし、建物自体とてもお洒落で観光資源になると思う。」

「大阪の飛田新地の鯛よし百番は風情があってすばらしかったです。
京都の五条にも良い建物が残っている。」

まとめ

歴史的建物で文化的に価値が高いのなら、なんとか残れば良いと安直に思いましたけれど、さすがに古すぎるし、残すほどの建物には見えない。

修繕などして、建てた当時の様子がわかるなら良いですが、それほどの建物には見受けられないので、取り壊されても仕方がないのかなと思いました。

名前だけが残ってしまった印象です。

スポンサドーリンク