笑福亭松之助が死去!死因や病気は?顔画像や経歴は?さんまの師匠!

富樫勇太郎の顔画像や出身?ライトノベル作家京都アニメーション火災

明石家さんまさんの師匠の、笑福亭松之助さんがお亡くなりになられたと訃報が入りました。

一度、テレビで「さんまのまんま」に笑福亭松之助さんが出演されたのを見たのですが、なんだかおとぼけな感じで、その師匠のおとぼけ加減に、さんまちゃんがウケていたことを思い出します。

笑福亭松之助さんは、上方落語界の最長老の落語家さんだったそうです。

93歳まで、愛弟子の活躍を見られて、それも元気の秘密だったのかもしれません。

こんなに売れっ子になったのですから、うれしい限りです。

スポンサドーリンク



笑福亭松之助顔画像や経歴は?

本名:明石 徳三(あかし とくぞう)
生年月日:1925年8月6日~2019年2月22日(93歳没)
出身地:兵庫県神戸市湊西区
師匠:5代目笑福亭松鶴

母に連れられ、新開地でよく遊んだり、近所の寄席や映画館、芝居小屋に親しみます。

漫才では横山エンタツ・花菱アチャコにあこがれていました。

終戦後、日雇いの土木作業に従事していましたが、ある時「好きなことして生きてやろ」と思い、「死んだときに新聞に名前が出る」として芸人になることを思い立ちます。

1948年に五代目笑福亭松鶴に入門、二代目松之助を名乗る。五代目松鶴がすぐに他界したこともあって、演劇の分野にも進出。宝塚新芸座や吉本新喜劇で喜劇役者として舞台を踏んだほか、明石光司のペンネームで脚本や新作落語なども書いた。

ニュースステーションに出演されていました。

俳優としても、NHKの「まんてん」「わかば」や映画「学校の怪談4」「パッチギ!」などに出演します。

笑福亭松之助が死去!死因や病気は?

死因は明らかにされていませんが、喪主は長男の落語家、明石家(あかしや)のんき(本名・明石弘之=あかし・ひろゆき)さんです。

40歳過ぎてからのお子さんですが、お若く見えるのは、そんなことも関係しているのかなと思いました。


ちなみに次男は、「パーポ明石」の名前で落語家をしていましたが、ロシア留学の経験があり、現在は、バレエの講師をしているそうです。

スポンサドーリンク



さんまの師匠!

1974年2月、後に明石家さんまとなる、杉本高文(すぎもと たかふみ)が高校3年の時に弟子入りします。

動機は、花月劇場で見た松之助の新作落語が面白かったからと、至って普通な話です。

高校卒業後の3月に、正式に内弟子になります。

入門生活は、丸刈りにされること以外はあまり厳しくありませんでした。

結局、落語家よりもタレントに向いていることを見抜いて、活動しやすいようにと、「笑福亭」の亭号を返上させる代わりに、自分の本名から「明石家」の家号を授けたんだそうです。

まとめ

終戦後に「死んだときに新聞に名前が出る」そんな人になりたいと思ったことが、叶ったんですね!

ともかく師匠のおかげで、さんまちゃんは人気者になるのですから、これほどの恩人はいないでしょう。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサドーリンク