YOSHI(モデル)出身学校や身長はwiki風!インスタグラマーがタロウのバカ!

映画「まほろ駅前」シリーズなどを手掛けた大森立嗣監督の最新作「タロウのバカ」の主人公を、演技未経験という15歳のモデル・YOSHIが演じると話題になっています。

モデルのYOSHIは、インスタグラマーとしても活躍する15歳です。

中学生の時に、建築家でグラフィックデザイナーのヴァージル・アブローと出会い、彼が手掛けるブランド「OFF‐WHITE」のモデルをはじめ、「HELMUT LANG」「X‐GIRL」「NIKE」などのブランドでモデルとして活躍しています。

スポンサドーリンク



YOSHI(モデル)出身学校や身長はwiki風!

本名は、佐々木よしずみ

生年月日:2003年2月26日

出身地:3歳まで広島の尾道、東京

父は香港出身でオカムラのインテリアデザイナー、母は繊維メーカーの販売部長!

オカムラのインテリアデザイナーをやっているなら、ネットでググって出てくるかと思ったのですが、出てきませんでした!

それで中学生のころから、ファッショニスタと言われていたようです。

2018年の春から高校生ですが、出身学校はわかりませんでした。

地元と言っている、東京都北区上十条にある、古着屋さんの「十条古着 GBM」が、行きつけなんだそうです。

なので、住んでいる所は北区っぽいです。

学校は、都立だったらその近辺でしょうが、私立だったら、ちょっとわかりません。

こんなおしゃれさんなので、制服のある学校ではなく、私服の学校かな?

2017年の情報なので、今は違うかもしれませんが、

身長:155cm

体重:36kg

足のサイズ:24cm

ファッションアイコンは、デヴィッドボウイなんだとか!

スポンサドーリンク



YOSHI(モデル)インスタグラマーがタロウのバカ!

https://www.instagram.com/_____226_____/

こちらは、13歳の時に「“SOMETHING & ASSOCIATES” c/o OFF-WHITE? TOKYO」のオープニングパーティに招待してもらった時のものです。

View this post on Instagram

今回は映画に出ます!(大森立嗣) ■主演YOSHI コメント この話を頂いたとき、台本の内容も強烈だったので、家族には最初は反対されたんですが、僕の気持ちとしては今回、興味本位でやってみる、って感じですね。演技自体が初めてですが、不安よりも楽しみの方が大きいです。でも、一発目が主役となるとプレッシャーはすごいです。演じることがどういうことかは、まだわからないところが多いんですけど、自分のできる限りの表現をしていきしたいと思っています。大森監督の第一印象は“変態”ですね(笑)。僕は「男は変態であるべき」って勝手に思ってるんですよ。そっちの方がかっこいいんじゃないかって、男として。映画の完成が今から楽しみですが、とにかく、頑張ります!自分の座右の銘は「今、この瞬間を生きろ」です。 ■大森立嗣監督 コメント 今回主役に選んだのは演技経験の全くないYOSHIという15歳の少年です。300人以上の中から選ばれた少年です。でも500人に会っても千人に会っても、出会えなかったかもしれません。これまで映画をやってきてこんな子供を見たことがありません。私にとって彼は純粋な驚きでした。決して物分かりのいい、躾のできた、行儀のいい子供ではないです。だからこそ彼は今この世界で闘っています。僕はここにいると叫んでいます。僕は振り向かない。振り向くのはあなたたちだと言っているようです。彼の純粋な眼差し、未完成な体で駆け回る姿、叫び、笑い、涙する姿がこの映画に命を注ぎ込みます。彼の純度がスクリーンを通してやがて観客に、感動を呼び込むと確信しています。 以上楽しみに待っていて下さい。

Yoshizumi SasakiR? /さん(@_____226_____)がシェアした投稿 –


今回の映画「タロウのバカ」は、300人以上の中から選ばれたのだそうです。

演技は初めてですが、モデルとしてのキャリアが、他とは何か違ったオーラのようなものを放っていたのかもしれません。

まとめ

木村拓哉さんと工藤静香さんのお嬢さんで次女のKokiさんがモデルとして、注目を集めています。

14歳、15歳といっても、親のセンスを子どものころから見て育っているので、何か持っている雰囲気が違うのでしょう。

まだ、15歳ですが、これからが楽しみです。

スポンサドーリンク