令和元年いつから?万葉集梅の花と蘭引用!出典元は?新元号発表!

池田憲治(元総務省)の経歴をwiki風!顔画像や出身大学?宮内庁次長に!

スポンサドーリンク



3年前に予言をしていた人が!

令和元年いつから?

2019年5月1日 令和元年5月1日

令和元年典拠出典元や意味は?万葉集新元号発表!

『万葉集』巻五32首として載せられているそうです。

梅花の歌三十二首并せて序より「初春の月にして、気淑く風らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す」より

「初春(しょしゅん)の月(れいげつ)にして、気淑(きよ)く風(かぜやわら)ぎ、梅は鏡前(きょうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、蘭(らん)は珮後(はいご)の香(こう)を薫(かお)らす」

万葉集からの引用は、安倍総理の意向があるのではと見られています。

初めて、日本の古典から使われています。

画数13画

平成は今上天皇の退位により2019年(平成31年)4月30日をもって終了し、皇太子徳仁親王が即位する2019年5月1日から令和元年となります。

日本の憲政史上では初の生前退位に伴う皇位継承による改元となります。初めて漢籍ではなく、日本の書物から選定されました。

以下、安倍総理の会見より

新しい元号は令和であります。

これは万葉集にある「初春の月にして、気淑く風らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す」

その文言から引用したものであります。

そしてこの令和には、人々が美しく心を読む中で、文化が生まれ育つという意味が込められております。

万葉集は、1200年余り前に編纂された日本最古の歌集であるとともに、天皇や皇族貴族だけでなく防人や農民まで幅広い階層の人々が読んだ歌が収められ、わが国の豊かな国民文化が長い伝統を象徴する国書であります。

悠久の歴史と香り高き文化、四季折々の美しい自然。

こうした日本の国柄をしっかりと、次の時代へと引き継いでいく。

厳しい寒さの後に、春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように一人一人の日本人が、明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる。

そうした日本でありたいとの願いを込め、令和に決定いたしました。

文化を育み自然の美しさを愛でることができる平和な日々に、心からの感謝の念を抱きながら、希望に満ち溢れた新しい時代を国民の皆様と共に切り開いていく。

新元号の設定にあたりその決意を新たにしております。

5月1日に皇太子殿下がご即位され、その日以降の新しい元号が用いられるとなりますが、国民各位のご理解ご協力を賜りますようお願いいたします。

遷都しても、ほぼ200年ぶりとなる歴史的な皇位の継承がつつがなく行われ、国民こぞって寿ぐことができるよう、その準備に万全を期してまいります。元号は皇室の長い伝統と国家の安泰と国民の幸福への深い願いとともに、1400年近くにわたる我が国の歴史を紡いできます。

日本人の心象に溶け込み、日本国民の精神的な一体感を支えるものとなっています。

この新しい元号も広く国民に受け入れられ、日本人の生活の方に深く根ざしていることを心から願っています。

私からは以上です。

以下、記者の質問より(前述と被ります)

歴史の転換点で今回初めて、国書を典拠とする元号を決定しました。

万葉集は1200年前あまりのものですが、一般庶民も含め、地位や身分に関係なく幅広い人々の歌が収められ、その内容も、当時の人々の暮らしや息づかいが感じられ、まさに我が国の豊かな国民文化を象徴する国書です。

これは世界に誇るべきものであり、わが国悠久の歴史香り高き文化四季折々の自然、こうした国柄をしっかりと次の時代にも引き継ぐことを考えています。

急速な少子高齢化が進み、世界は、ものすごいスピードで変化をしていく中で、変わるべきものは変わっていかなければなりません。

平成の30年余りで改革を叫ばれました。

政治改革、行政改革など平成の改革は、しばし大きな議論となりました。現在の若い世代そうした平成の時代を経て、変わること、もっと柔軟に前向きに捉えていると思います。

 

本日から働き方改革が本格的に始まります。

 

70年ぶりの労働基準法大改革です。

スポンサドーリンク



官房長官ではなく安倍総理になった経緯

令和元年いつから?万葉集梅の花と蘭引用!出典元は?新元号発表!
新しい元号は、政令で閣議決定をしましたが、通常閣議の内容は、官房長官が公表しております。

今回も新元号については、平成の時と同じように官房長官が発表するものとしました。

平成の改元時、当時の竹下総理の談話が発表されています。

当時、総理が会見を行うことはまれでしたが、平成の30年を経て、総理大臣が、直接発信する機会が増大しました。

何かしら出来事があると、官邸に入る際、みなさんから声がかかり、マイクに向けることもあります。

そうした時代ですね、平成の時と同様に総理大臣が何かを発信するのであれば、私自らが会見を開いて、皆様に直接申し上げるべきと考えた次第です。

まとめ

これまで中国の古典からの引用で、万葉集からの引用は初めてとのことで意外に思いました。

明治、大正、昭和、平成とあって、アルファベットでは、MTSHなので、今回は、RなのかLなのか、はっきりしませんが被らないですね。

これから「令和」と名のつくものが、いろいろ出てきそうです。

「令和通り」「令和大学」

まだ早いですね・・・

スポンサドーリンク