太田きよみ(曽根幸明きよ美)略奪婚で前妻?年齢や娘?作曲家の夫遺産相続

太田きよみ(曽根幸明きよ美)略奪婚で前妻?年齢や娘?作曲家の夫遺産相続

昭和40年代に人気だったドラマ「プレイガール」というと、管理人には伝説的なドラマで見たことがないのですが、いわゆるお色気系なドラマですよね。

クールな沢たまきさんや戸川昌子さんと、かなり”お姉さま”な人もいたのですが、1970年に「プレイガール」でデビューし、その後歌手としても活動していた太田きよみさんが「爆報フライデー」(2019年4月18日放送)に出演されるのでまとめました。

スポンサドーリンク



太田きよみの経歴とプロフィール

太田 きよみ(おおた きよみ)

生年月日:1953年5月15日

本名:曽根 喜代美(旧姓は太田)


篠雪子名義
プレイガール(1969年)第8話・篠雪子役他ゲスト出演
仮面ライダー(1971年)第4話ゲスト・宮下雪江役
太田きよみ名義
プレイガール(1971年~1973年)ドラマレギュラー出演:一条きよみ役
超人バロム・1(1972年)-第33話ゲスト出演:歌手おおたきよみ役

1980年芸能界を引退。

現在は「曾根きよ美(そね きよみ)」名義で歌手活動を続けています。

叶恭子さんの若い頃に似て、美人ですね。


お色気系ドラマから仮面ライダーまで、幅広い活躍をしていました。

橘モナ名義で歌手として活躍
涙のサンバ(1973年)
私は蜘蛛の糸(1973年)

山崎一美名義で歌手として活躍
風知草(かぜしりぐさ)

スポンサドーリンク



太田きよみ(曽根幸明きよ美)略奪婚で前妻?

歌手活動をしていた1971年、当時19歳の太田は、作曲をしてくれた18歳年上の曽根幸明氏と出会います。

若い太田さんは、奥さんのところへ電話をしたり、曽根さんの家をのぞきに行くと、曽根さんの自分には見せない表情を見て、嫉妬を感じます。

そんなことから、曽根さんに執着してしまったようです。

交際から9年後、妊娠が発覚しますが、不倫関係を知った母から、人様のものを盗むような娘に育てた覚えはないと言われ、恨まれ、誰からも祝福されませんでした。

仕事もなくなり芸能界を引退。

この時、初めて不倫であることを実感します。

 

子供ができ、後戻りのできなくなった太田は、曽根から生活費をもらいながら、曽根の仕事場のアパートで生活します。
一方で曽根は、普通に幸せな生活を送りながら、仕事場にやってきて、太田との不倫生活を続けていました。
太田は先の見えない不安だらけの毎日でした。

四年後、32歳で二人目の子供を妊娠し、その時、太田さんは、また誰からも祝福されない子供を産むんだと思いました。
曽根に妊娠を報告すると、曽根は「今度こそ離婚する。一緒になろう」と言ってくれました。

1984年に結婚します。

しかし、その幸せは、ひとつの家庭を壊して掴んだ、略奪婚です。

予期せぬ不幸の連続でした。

結婚は、曽根と曽根の母と一緒の生活が始まりましたが、結婚から1年半後、以降ずっと不幸の連鎖が始まることになります。

曽根の母が直腸がんになると、太田は二人の子供の育児と義母の介護が始まります。

ようやく掴んだ結婚生活は、夢に見た甘い生活とは程遠いものでした。

ある日のこと、曽根さんは脳梗塞になります。

左半身が麻痺、車椅子生活を送ることになります。

今度は夫の介護生活が始まります。

車椅子の乗り降りから着替え食事さらにトイレの介助まで夫の身の回りのことを全てやりました。

そんな現実に太田さんは悪い種をまいた実は、介護という形で刈り取っている。

自分で犯した罪の償いの一つすべては、人を不幸にして掴んだ幸せです。

略奪婚する自分への罰。

そう思うようになっていました。

しかし不幸はその後も続き、曽根さんは心筋梗塞前立腺がん、それから敗血症など次々病気に襲われます。

2017年4月20日、曽根さん亡くなります。

結婚生活のほとんど23年間は、ずっと介護の生活でした。

奪った奥様に対して悪いことをしました。

ずっと悪かったと思っていました。

お子さん達にも、大切なお父さんを奪ってしまったこと申し訳なかったと思ってます。

 

曽根氏の経歴を紹介すると、

曽根 幸明(そね こうめい、1933年12月28日~2017年4月20日)

東京都世田谷区出身

日本大学文学部中退。

戦後にバンドマンとして活躍。「藤田功」の名で歌手や俳優として活動します。

その後、本名の「曽根幸明」で作曲家としても活動を始めます(「曽根康明」名義で手掛けた楽曲も存在する)。

作曲では、勝新太郎の「座頭市子守唄」や、山川豊の「流氷子守歌」、森進一の「銀座の女」、藤圭子、園まりらが「夢は夜ひらく」、藤圭子「命預けます」(編曲)などが代表作です。

83歳で2017年4月20日に、肺炎でお亡くなりになっていますが、15年の闘病生活を送っており、脳梗塞、心筋梗塞、敗血症、前立腺ガン、バイパス手術、帯状疱疹(ほうしん)、糖尿病など、多くの病魔と闘っていました。

太田きよみ(曽根幸明きよ美)年齢や娘?

太田きよみさんの年齢は、2019年4月現在、66歳です。

太田きよみさんと曽根さんの間には、2人お子さんがいるようです。

一人は、シンガーソングライターをしている娘さんの曽根由希江さん(1985年4月27日)は、TBS「王様のブランチ」のブランチリポーターとして活動を始め、シンガーソングライターとして活躍しています。

もう一人は、わかりませんでした。

前妻との間にも、娘さんがいるようです。

太田きよみ(曽根幸明きよ美)作曲家の夫遺産相続

曽根の印税収入は月約30万円です。

この先50年間で、推定1億8000万円がもらえることになります。

その相続権は妻の太田が50%、残りは太田との子供二人に25%。

前妻との子供二人に25%、前妻は印税を一切もらうことはできない。

裁判起こしてもめることも考えられました。

そんな状況に太田は2017年9月、非難されることを覚悟で、前妻と遺産相続問題の話し合いをします。

 

すると前妻から、「私たちは印税は結構です。」と断れます。

前妻はおろか、印税を得られるはずの前妻の子供達も著作権相続を拒否します 。

なんと曽根さんは、離婚した後、毎月養育費として100万円の仕送りをしていました。

曽根さんなりに、不倫の謝罪をし続けていました。

 

前妻は、長い間、太田さんは彼のお母さんの介護もしたり、曽根さんが倒れた時も、必死に看護している姿を何回も何回も見て、偉いなと思っていました。

 

1時間おきに、おしっこをさせたり、リハビリもやらせたりして、5年も10年も大変だな。

この人は本当に、曽根を愛してるんだと思いました。

前妻は、彼女の尽くし方に憎しみは起きませんでした。前妻は、そういう理由があったので印税を放棄しました。

スポンサドーリンク