天皇謝罪発言のムンヒサン国会議長のwiki風で年齢や経歴!プロフィール

「慰安婦問題の解決には天皇の謝罪が必要」と語った韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が、女性国会議員に対するセクハラ騒動で話題となっています。

スポンサドーリンク



韓国国会は4月24日、選挙法などの処理案件指定をめぐり紛糾。性急な法案成立に反対する保守系最大野党、自由韓国党の議員などが文氏の議長室を訪れて抗議し、もみ合いになります。

この時、文氏がどさくさに紛れて?女性議員の腹部を両手で触ったと同党は主張していると言うのです。

 「セクハラだ」と抗議した女性議員に、文氏は「こうしたらいいのか」と言って同議員のほおを両手で覆った。再度抗議する議員を両手で抱きしめたという。

 文氏は謝罪の意思を示し、「場を去ろうとし体が接触したのをセクハラといわれ、カッとなった」と説明しますが、女性議員は「単なるセクハラ問題じゃない」と精神的衝撃を訴え入院することになり、同党は文氏を告発すると言うのです。

批判されたと文氏はショックを受け、国会近くの病院に入院中で「低血糖ショック」の症状が出ているそうです。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-00000552-san-kr

ムンヒサン国会議長のwiki風で年齢や経歴!プロフィール

文 喜相(ムン・ヒサン)

生年月日:1945年3月3日

年齢は、2019年4月時点で、74歳です。

韓国の政治家です。

2018年7月13日から国会議長を務めています。

出身地:日本統治下朝鮮、京畿道楊州郡議政府邑佳陵里(現:議政府市佳陵洞)

1963年:景福高等学校卒業
1968年:ソウル大学法学科卒業

1980年代に金大中の下で民主化運動を行います。

1988年の国会議員選挙で出身地の京畿道議政府市選挙区に平和民主党(金大中総裁)から初出馬しますが落選。

1992年の国会議員選挙に民主党から出馬すると、初当選します。

1996年には新政治国民会議から出馬しふたたび落選になります。

2000年に新千年民主党から出馬して返り咲き、以後、通算6回当選しています。

この間、金大中大統領の下で大統領府政務首席や国家情報院企画調整室長を、盧武鉉大統領の下で大統領秘書室長や政務特別補佐官を務めています。

新千年民主党最高委員、ヨルリン・ウリ党(開かれたウリ党)議長、国会副議長などを歴任しています。

韓日議員連盟会長も務めていました。

2017年5月17日、文在寅大統領の特使として来日。
2018年7月13日、国会議長に就任しています。

スポンサドーリンク



天皇謝罪発言

2019年2月7日、ブルームバーグのインタビューで、従軍慰安婦問題について、日本の首相または天皇の謝罪の必要性ということにふれ、「一言でいい。日本を代表する首相かあるいは、間もなく退位される天皇が望ましいと思う。戦争犯罪の主犯の息子ではないか。そのような方が一度おばあさんの手を握り、申し訳なかったと一言いえば、すっかり解消されるだろう」と発言します。

2019年2月9日、韓国の国会報道官が天皇が「戦争犯罪の主犯の息子」という表現は用いていないと朝日新聞に説明を行ったことが報道されます。

2019年2月11日、ブルームバーグは文喜相のインタビュー音声データを公開しました。

2019年2月12日の衆議院予算委員会で、文の発言が取り上げられ、安倍晋三総理大臣は「不適切な内容を含み極めて遺憾だ」と発言し、日本政府が韓国側に謝罪と撤回を要求します。

スポンサドーリンク