黄櫨染が禁色の理由は?歴代天皇の御袍違う色?(こうろぜんのごほう)

平成最後となる、4月30日、あいにく雨模様ですが、天皇陛下は、皇居にある宮中三殿で、退位礼正殿の儀の実施を告げる「退位礼当日賢所大前(かしこどころおおまえ)の儀」などの儀式に臨まれました。

皇太子さまや秋篠宮ご夫妻ら皇族方の方々や、宮内庁や皇宮警察の職員ら約50人が参列しました。

天皇の装束「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」を身に着け、皇祖神とされる天照大神を祭る賢所に姿をお見せになられました。

ゆっくりと回廊をお歩き、一礼して賢所の内陣へ入り、退位礼正殿の儀を行うという趣旨の「御告文(おつげぶみ)」を読み上げられました。

歴代天皇や皇族の霊を祭る皇霊殿、国中の神々を祭る神殿でも同様の所作を行いました。

天皇のみが許されるという、黄櫨染についてまとめました。

スポンサドーリンク



黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)とは

黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)とは、平安時代から天皇が重要な儀式の際に着用する束帯装束の、「黄櫨染」の色の袍(ほう)のことです。

黄櫨染が禁色の理由は?歴代天皇の御袍違う色?(こうろぜんのごほう)

黄櫨染(こうろぜん)は櫨(ハゼノキ)の樹皮とマメ科の蘇芳(スオウ)から、染め出される色になり、「赤みがかった黄色」や、「黄がかった茶色」などと言われますが、時代や着る人の年齢などによりかなり幅のある色です。

スポンサドーリンク



黄櫨染が禁色の理由は?歴代天皇の御袍違う色?(こうろぜんのごほう)

黄櫨染は非常に難易度の高い染色技術が必要とされ、熟練工であっても毎回同じ色を染めることはできず、安定して色を出すことは不可能とも言われています。

この色を再現するには、染料を抽出するために、多くの材料を必要としたことと、普段はしっとりとした色ですが、太陽光を通すことで、染布の裏側が真っ赤に輝くそうです。

その迫力に驚かされ、天皇以外は禁色とされたそうです。
参照元:http://yumeyusai.jp/yumekouro/

まとめ

色彩検定を受けたときの、カラーチャートで見るのと、実際のものを目にすると、同じように見えないです。

天皇の存在が高貴で神秘とされていたと思うので、太陽光により色の変わる生地をまとうのは、権力や財力だけでなく、一つの演出でもあったと思います。

今は、一般庶民でもテレビやネットで簡単に目にすることができますが、そもそも昔の一般人は、一生目にすることなどできません。

ごくごく一部の人にしか、感動を得ることができなかったんですね。

スポンサドーリンク