紀子さまの弟は離婚理由と再婚で嫁は?川嶋舟のビジネスは広告塔?

北の富士勝昭の嫁や家族は?離婚して孫?体調不良の原因と若い頃画像

令和になって1か月ほどになりますが、地震も相変わらずあり、落雷や雹などが全国的に多いようです。

連日のように、皇室関連の記事が多く見受けられ、個人的には冷めて見ていますが、そんな中、秋篠宮紀子さまの弟が、広告塔になっているのではと話題になっています。

以前からも、そういう話はありましたが、気になったでまとめましました。

スポンサドーリンク



紀子さまの弟は離婚理由と再婚で嫁は?川嶋舟読み方は?

川嶋舟(かわしま しゅう)

1973年生まれ 獣医師

学習院高等科卒業

麻布大学獣医学部獣医学科卒

東京大学大学院農学生命科学研究科獣医学専攻博士課程終了
東京大学大学院農学生命科学研究科研究拠点形成特任研究員を経て、東京農業大学農学部バイオセラピー学科講師(動物介在療法学研究室)

2003年、30歳のころ、いわき市の牧場で仕事をしていました。

2006年、福島県相馬市の相馬中村神社の宮司である田代誠信氏の長女で禰宜(ねぎ)を務める田代麻沙美さんと結婚します。

田代麻沙美さんは、國學院大学を卒業して神職の資格を有しています。

相馬氏の始祖と言われる平将門の時代にまで起源をさかのぼり、田代麻沙美さんは、相馬中村神社の30代目の宮司として甲冑行列に参列しています。

皇室とくらべてはいけませんが、かなりのお家柄ではあります。
紀子さまの弟は離婚理由と再婚で嫁は?川嶋舟のビジネスは広告塔?
引用元:https://news.netkeiba.com/?pid=column_view&cid=20039

また、1000年以上の伝統ある、世界最大級の馬の祭「相馬野馬追」を開催し、競馬ファンには知られています。

川嶋舟氏は、馬に関する動物セラピーを研究していたことから、田代麻沙美さんとご縁ができたようです。

二人の間には、一人娘の理孔(りこ)ちゃんを授かりますが、2012年11月に奥さんの麻沙美さんの不倫が原因で離婚。

一方的に、奥さんの方が悪い印象になってしまいますが、奥さんは福島で生活をし、川島氏は東京と、別居生活をしていました。

奥さんは、神社を継ぐ意思があったようですが、川島氏は、学者さんなので、価値観がどうなっていたのかわかりませんが、そこら辺のすれ違いがあったのではと思います。

伝統ある家の長女なので、先々を考えたら、婿養子になるような人と一緒になった方が良かったのではと思います。

川島氏は、離婚後は、再婚をしていないようですが、別れた妻は再婚します。

川島氏は、都内の実家で、娘と同居しているそうです。

スポンサドーリンク



紀子さまの弟川嶋舟のビジネスは広告塔?

川島氏は、東京農業大で准教授を務めていますが、いくつかの団体の広告塔のようなことをしているとメディアで報じられています。

一般社団法人「日本食文化会議」では、川島氏の名前以外に、「旧米沢新田藩主」「明治天皇の玄孫」などといった肩書の人物や、年会費1口10万円という「特別賛助会員」も募っているので、「皇室利用」と言われています。

また、地方創生事業を推進する一般社団法人「おらがまち」は、クラウドファンディングにより、「川嶋舟先生構想、幻の米・龍の瞳でつくる限定酒」とし、四合瓶を、4500~5千円の出資と引き換えに提供していました。

まとめ

東京農業大の准教授ということで、線引きが難しいのかな。

一番は、眞子様問題がクリアになれば良いのに、国民の意とは反対方向に向いていると思うので、つつかれてしまいます。

皇室は、イギリスの王室と異なり、日本の神社の大本のお家です。

GHQが日本を弱体化させるために、皇室の役割のようなことは、学校で習うことなく年齢を重ねてしまい、もったいないと思うことばかりです。

《「小室圭氏が陛下」になる可能性を、国民がその気になれば「「女性天皇79%・女系天皇62%賛成:日テレニュースネットワーク調査」など瞬間的に粉砕できます》

スポンサドーリンク