穴久保りお(あなくぼりお)の整形前後の写真?コスプレで発達障害?

穴久保りお(あなくぼりお)の整形前後の写真?コスプレで発達障害?

「整形シンデレラオーディション」は、オーディションに通過すると、手術費が全額無料になり、しかもファイナリストに選ばれると、来場者3万人を超えるイベント「ガールズアワード」のランウェイで歩くことができます。

そんなオーディションに発達障害を抱えている、コスプレイヤーが美容整形を決意します。

20歳の穴久保りお(あなくぼりお)さんについて、まとめました。

スポンサドーリンク



穴久保りお(あなくぼりお)の経歴とプロフィール?

中学生のころから発達障害の症状がひどくなり、自殺未遂を起こしたこともあります。

通信制の高校へも通いましたが、中退。

お父さんと二人で生活をしていて、仕事も長続きせず、ニート生活を送って無職です。

趣味のコスプレをキッカケに美容整形を決意します。

穴久保りお(あなくぼりお)の整形前後の写真?

パッと見て、ふつうにかわいいじゃないと思ったのですが、悩みは人によっていろいろあるんですね。

確かに歯並びは、見た目の問題だけではなく、キレイな方が虫歯になりにくいです。

「ノンフィクション」を観たら、結局、「整形しなくても変われるかもしれない」と自身が結論していて、良かったのかなと思います。

「合宿審査に参加させてもらって、その時点で、きっかけをつかんだんじゃないかと思った。」

診察をした湘南美容外科クリニック辻堂アカデミア院の飯田秀夫院長は「手術は、一番モヤモヤした気持ちで、突入してしまうのが、一番ダメなんです。やらなくてすむなら、それはハッピーな人生を送れるんだから、それでいいと思います。」

院長は続けて「お顔の表情が、やわらかくなった感じがしますね」と、心境に変化がおきたのかもしれませんね。

りおさんは、「整形しないと変われないというのも、なんかちょっと悔しいなと思って、今まで引きこもっていたんですけど、人と出会って話すことによって、いろいろ得たものもあったし、それに触れることで、私も変われた。もうすでに、少しずつ変われたんじゃないかなと思っています。」

番組「手術できるチャンスを得たのに、それをしないのは後悔がないのか?」

その問いに対して「後悔は、生きているうちにしかできない。後悔したとしても、私は、それで良かったと思えるように、これからしていきたいと思います。」

スポンサドーリンク



穴久保りお(あなくぼりお)コスプレで発達障害?

自信を持ちたいとの事ですが、何でも良いから、行動して、経験を積むしかないと思います。

コスプレが趣味というので、その趣味を追求できるように、できる仕事を地道にしていくしかないと思います。

twitterやインスタもやっているから、もっと色々発信していけば良いんじゃないかな。

まとめ

コスプレだけでは満足できなくなったんですかね。

整形は、場合によっては骨から変えることになるので、確かにコスプレ以上に、変わることになりますし、一生を変えることにもなります。

肌がキレイだから、それだけで十分だと思うのに、難しいですね。

お父さんの話で、「本当は、傷を入れて欲しくない」と言う思いが印象的でした。

結局、オーディションに参加して、いろいろ人と話をしたことによって、整形をしなくてもすむと思えたとは、それで良かったと思います。

スポンサドーリンク