坂口憲二コーヒー店舗the rising sun coffee東京の場所は信濃町が近い!

イモトアヤコのお香hibiやマグカップの値段は?シンキングボール人気

坂口憲二さんが難病を患い、俳優人生が絶たれてしまって、言葉が出ませんでしたが、コーヒー焙煎士と言う資格をとってコーヒー関連の事業を始められたそうです。

坂口憲二さんのコーヒー店舗「the rising sun coffeeザライジングサンコーヒー」の東京にある場所や行ってみた感想をまとめました。

坂口憲二コーヒー店舗the rising sun coffee東京の場所は信濃町が近い!

お店は住宅街にあり、地域密着型ということで、近所の人を大切にしようとされているのだと思います。

住所は、東京都新宿区若葉3-8-11

JR信濃町と四ツ谷駅の間の住宅地ですが、信濃町からの方が行きやすいです。

価格:ハンドドリップ 500円~

コールドブリュー 600円

カフェラテ 500円
アメリカン 450円
カフェモカ 600円

エスプレッソ 直接問い合わせて下さいとのこと。
営業時間:10:00-17:00
休み:不定休

こちらは東京のお店です。お店のコンセプトが地元密着ということなので不定休ですが、遠方から来てみたい人にはリスクです。

実は、2020年開催のオリンピック競技場「新国立競技場(オリンピックスタジアム)」へ徒歩20分ほどの距離にあります。

お店のインスタを朝見て、更新されていれば営業しているかな?というところで判断します。

と言っても毎日更新されていないので悩ましいところです。

ちなみに管理人がお店に訪れたのは火曜日ですが、休みだったらゴメンナサイ><

坂口憲二のザライジングサンコーヒー 東京通販

こちらが坂口さんのコーヒーのオンラインサイト

ちょっとしたプレゼントにぴったりな、ギフトセットがあります。

the rising sun coffee行ってみた感想

ほんとうに地味な住宅地の中に、ポッとこじゃれた空間が現れた!そんな感じです。

ハンドドリップは、8種類ほどのコーヒーから選びますが、どうせなら一番、高いのにすれば良かったと後から思いました。
12043 compressor - 坂口憲二コーヒー店舗the rising sun coffee東京の場所は信濃町が近い!

思っていたより量が多かったので、飲むタイミングを考えて行かれることをおすすめします。

マイルドな味わいでしたが、フタがある状態だと、いまいちなので、フタをとって美味しさを味わいます。
12042 compressor - 坂口憲二コーヒー店舗the rising sun coffee東京の場所は信濃町が近い!
お店の外の隣に小さなベンチがあるので、そこで座って飲めます。

それとお店の前にちょっとした公園「若葉三丁目広場」という所にもベンチがあります。

コーヒーだけを楽しみたい人には良いです。

甘い物は売られていないので、お菓子の類は自前で持って行かれることをおすすめします。

ゴミ箱がなかったので、お店の人に直接コップを渡しました。

まとめ

知り合いで、坂口憲二さんと同じ病の人がいて、最初、坂口さんの病名を知った時、とても驚きましたが、コーヒー焙煎士として活躍されホッとした人も多いと思います。

コーヒーは、豆だけでなく淹れ方で、全然美味しさが違うと思いますが、焙煎士という資格があるのですね。

火入れを間違えると、コーヒー豆は、ただの焦げちゃった状態になり、せっかくの豆を台無しにしてしまうと思いますが、そこらへんの加減というか見極めが、腕の見せ所だと思います。

チェーン店のコーヒーだけが、コーヒーじゃないですからね。

スポンサドーリンク