大嘗祭の米の産地栃木と京都の品種とちぎの星きぬひかり通販購入は?

大嘗祭の米の産地栃木と京都の品種とちぎの星きぬひかり通販購入は?

新しい天皇が即位された、一代で一度行われる重要な祭祀”大嘗祭(だいじょうさい)”の中心となる大嘗宮の儀が、2019年11月14日の夜から始まり、15日の午前3時15分ごろ終わりました。

「ミヤネ屋」より、大嘗祭と大嘗宮について、奉納されたお米についてまとめました。

大嘗宮の儀

11月14日の夜から日付をまたぎ、宮中祭祀大嘗祭(だいじょうさい)の中心儀式大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀がとり行われました。

儀式の舞台「大嘗宮(だいじょうきゅう)」は、火を使った明かりのみが使われ、厳かな雰囲気に包まれる中、白い装束「御祭服(ごさいふく)」に身を包んだ天皇陛下が、雨儀廊下と呼ばれる廊下に姿を見せられました。

先導する侍従が持っているのは、歴代の天皇に受け継がれる三種の神器の内、剣(つるぎ)と勾玉(まがたま)=剣璽(けんじ)です。

皇后さまは十二単の「帛御服(はくのごふく)」を着用し、伝統的な髪型おすべらかしに金色の髪飾りで、ゆっくり廊下を進まれました。

儀式には、安倍総理夫妻、菅官房長官、都道府県の知事、山中伸弥京都大学教授など510人が参列し、見守ったのですが、儀式は非公開のため秘密に包まれている大嘗祭です。

大嘗祭(だいじょうさい)大嘗宮(だいじょうきゅう)とは?

そもそも大嘗祭(だいじょうさい)大嘗宮(だいじょうきゅう)とは、約1350年続き一代に一度だけ行われる最も重要な宮中祭祀が「大嘗祭(だいじょうさい)」で、その年に収穫された米などを天照大神(アマテラスオオミカミ)に供えて、陛下自らも食べ国と国民の安寧(あんねい)と五穀豊穣(ごこくほうじょう)を祈られるのです。

前回は、上皇様が平成の即位の時、平成2年に行われました。

今回、大嘗祭が行われるのは、29年前と同じく、皇居の東にある、東御苑です。

2019年7月から建設が行われ、3か月ほどで完成したのが、大嘗祭の舞台となる「大嘗宮(だいじょうきゅう)」です。

今回、大嘗宮の建設費など、大嘗祭の予算は24億円は、全て国の費用で賄われています。

11月14日の夜から悠紀殿(ゆきでん)と主基殿(すきでん)で行われた儀式は、大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀と呼ばれます。

昭和天皇まで大嘗祭を執り行われていたのは、京都御所でした。

そのため関係者や資料が多く残っています。

京都産業大学の学芸員のお話では、材料については「延喜式」というものを使っています。

西暦1000年ごろで、そこに「大嘗宮の造り方」という項目があります。

本来は、大嘗宮は大嘗祭の7日前に造り出して5日間で造らなければならない決まりがありました。

令和の時代になっても、1000年前の資料をもとにして造られています。

悠紀殿(ゆきでん)と主基殿(すきでん)は、それぞれお供えの儀式をする内陣(ないじん)と側近らが待機する外陣(げじん)と二間にわかれています。

内陣(ないじん)には、天皇が座られる御座(ぎょざ)、神様が座られる神座(しんざ)がおかれ、御座(ぎょざ)は、アマテラスオオミカミが祀られる伊勢神宮の方向(南西)を向いていると言います。

中心には、寝座(しんざ)その上には、靴を真ん中にして、右は麻織物「麁服(あらたえ)左には三河(愛知県)の絹織物「繪服(にぎたえ)」が置かれています。

11月14日午後3時半過ぎ、皇后さまが皇居に入られました。

その1時間後、天皇陛下も皇居内へ入られました。

午後18時半ごろ、悠紀殿(ゆきでん)供饌(きょうせん)の儀が行われました。

皇后さまは、拝礼を行うための悠紀殿(ゆきでん)の手前にある帳殿(ちょうでん)に入られました。

悠紀殿供饌の儀(ゆきでんきょうせんのぎ)の立ち合いは、天皇陛下以外には、采女(うねめ)と呼ばれる儀式を手伝う女官2人のみです。

天皇陛下が直々に神様用の供物をお皿に取り分けて神様にささげて、神様にささげた後に、お下がり直会(なおらい)を天皇がいただきます。

お米や粟などの穀物、アワビや鯛などの海産物、乾物や果物など神饌(しんせん)と呼ばれる供え物をささげた後、国の安寧と五穀豊穣などを祈る御告文(おつげぶみ)を読まれ、陛下自身も神々に供えたものと同じ直会(なおらい)を行います。
悠紀殿供饌の儀(ゆきでんきょうせんのぎ)が始まってから、およそ2時間45分後、神楽歌が奏でられる中、悠紀殿から退出されました。

11月15日午前0時半ごろ、天皇は、大嘗宮の西側にある主基殿(すきでん)に入られました。

皇后さまも、主基殿(すきでん)の手前の帳殿に入られました。

主基殿(すきでん)に入られた天皇は、悠紀殿と同じ儀式を行います。

とちぎの星きぬひかり通販購入は?

今回の大嘗祭でささげられたのは、悠紀殿(ゆきでん)には、栃木県産の「とちぎの星」、主基殿(すきでん)には京都産の「キヌヒカリ」です。

天皇が、供え物を盛り付ける回数は、500回以上です。

平成の大嘗祭の時に供えられたお米は、「あきたこまち」と大分県の「玖珠米」です。

「あきたこまち」が全国的なブランドとして知られるようになったのは、大嘗祭が大きなきっかけになりました。

スポンサドーリンク