ゴーンがコントラバス楽器箱で出国?民間警備会社の名前はどこ?

レバノンの主要テレビMTV(電子版)は2019年12月31日、カルロス・ゴーン被告が楽器箱に隠れ、日本の地方空港から出国したと報じました。

出国に際し、民間警備会社のようなグループの支援を受けたとしているそうです。

引用元:https://this.kiji.is/584684268854379617

そんなことが出来るのか驚きなのですが、気になったのでまとめました。

ゴーンがコントラバス楽器箱で出国?

コントラバスの楽器箱と報道されましたが、その後、読売新聞の取材では木箱と報道されました。

楽器箱に隠れて出国したなんて、映画のようで大胆すぎて驚きますが、窒息することなどないのでしょうか。

と思っていたら、こんな投稿が!


さらにネットの情報を見ると、


大きさは国際規格で

幅が87cm

高さ201cm

奥行75cm

わりと大きいのですね。

そうじゃなくて、これに入って通過出来てしまっていいのかって話しです。

プライベートジェットの場合は、VIP扱いなので出国審査は見逃しされるとか、外交官特権で出国したのではと言われていますが、組織的に練られたのでしょうね。

51MTmJ46x7L. SS160  - ゴーンがコントラバス楽器箱で出国?民間警備会社の名前はどこ?

蝶々殺人事件 「由利先生」シリーズ (角川文庫)

0 - ゴーンがコントラバス楽器箱で出国?民間警備会社の名前はどこ?

そう、今日は大晦日で”ゴーン!”なんですよ。

民間警備会社の名前はどこ?

出国にあたっては民間の警備会社が、クリスマスディナーの音楽隊を装ってゴーン被告の滞在先に入り、ゴーン氏を楽器箱に隠して連れ出したと報道されています。

いったい、どこの民間の会社なのか気になりますが、具体的な名前は、今のところ上がっていません。

わかり次第、アップします。

言われているのは、日本の警備会社は、警備警察の監督下にあって、営業の認可を握られているので、こういうことには手が出せないそうです。

なので、海外の民間軍事会社private military companyではと見られています。

1 - ゴーンがコントラバス楽器箱で出国?民間警備会社の名前はどこ?
こんなザルみたいな出入国管理でオリンピックの時大丈夫か

確かに、これでは犯罪者が容易に日本から出国できると印象づけたかも。

出国は大阪?

単純に、東京・羽田から出国したのかと思っていました。

そんな単純な話しではなく、フランスなども含むさまざまなメディアなどの報道や飛行機の乗る便を確認できるアプリ”フライトトラッカー「Flightradar24」”のデータから、偽パスポートを使用し、大規模な組織の手引きで、大阪から出国し、トルコを経由して月曜日(12月30日)明け方にプライベートジェットでレバノンに合法的に入国したと見られています。

スポンサドーリンク