山田直稔家族は?孫の藏之輔さんが2代目のオリンピックおじさんへ?

“オリンピックおじさん”として親しまれた、山田直稔(なおとし)さんは、2020年の東京オリンピックを目の前にして、2019年3月に心不全のため92歳でお亡くなりになられました。

ところが、山田直稔(なおとし)さんの孫で、中学1年の藏之輔(くらのすけ)さん(13が、2020年の東京五輪で応援をするそうです。

92歳の山田さんに、中学生のお孫さんとは、ちょっと驚きなのですが、山田さんの家族についてまとめました。

引用元:https://www.47news.jp/

山田直稔家族は?

1926年、大正15年4月16日生まれの山田さんには息子さんがいて、山田さん自身、何人のお子さんがいるのかわかりませんでしたが、その息子さんは、今時珍しく5人のお子さんがいるそうです。

その長男になるのが、中学1年の藏之輔(くらのすけ)さんなので、80歳近い時に初孫が出来たわけです。

もうかわいくて仕方がないでしょうね。

孫の藏之輔さんが2代目のオリンピックおじさんへ?

山田直稔さんは、金色のシルクハットに羽織はかまといういでたちで日の丸の旗を振り、目立つ存在になります。

初めて夏季オリンピックの応援に出かけたのが1964年の東京オリンピックで、これ以降は日本がボイコットした1980年のモスクワオリンピックも含めて2016年のリオデジャネイロオリンピックまで14大会連続で夏季オリンピックの応援に参加しています。

中学生で、祖父の跡を継ぎ、親の金を使ってと批判もありますけれど、藏之輔さんは東京に住んでいて、子供だってオリンピック観戦していると思うので、別に良いのではと思います。

社会人にならず、海外まで行って応援となると、ちょっとと思うかもしれませんが、今時、子供でも海外へ留学や旅行など行く時代です。

お金に余裕がある家の話しに過ぎないのかなと思います。

スポンサドーリンク