小野寺昭殿下の現在は大学教授!嫁や孫は?自宅は?太陽にほえろ!

小野寺昭殿下の現在は大学教授!嫁や孫は?自宅は?太陽にほえろ!

ドラマ「太陽にほえろ!」は、石原裕次郎さんのボスを筆頭に、個性的な刑事さんが活躍するドラマでした。

そんな中で小野寺昭さん演じる「殿下」は、他の刑事さんとは違い、柔和な雰囲気の刑事さんで、管理人は子供でしたが、どこか安心感がありました。

小野寺昭さんの現在は、なんと大学教授!小野寺昭さんの嫁や孫などについてまとめました。

小野寺昭殿下の現在は大学教授!

小野寺昭殿下の現在は大阪芸術大学短期大学部メディア・芸術学科で客員教授として活躍されていますが、出身学校は北海道帯広三条高等学校です。

昔と、あまり変わっていませんね。

どういう経緯で大学教授になったのか追ってみます。

小野寺昭(おのでら あきら)さんは1943年9月19日に生まれます。

北海道帯広市出身で、北海道帯広三条高等学校に進学すると演劇部に所属します。

演劇部の部長として「夕鶴」の与ひょう役を演じ、高校演劇コンクールで地区代表に選ばれて北海道大会に出場した経験があります。

高校卒業後は、東京で児童劇団を主宰していた父親の元劇団仲間を頼り上京。

俳優座養成所入所を目指しますが2年連続で受験に失敗してしまいます。

劇団やまいもに参加し、「チロリン村とくるみの木」の人形操作を担当しますが、当時は役者になりたくて上京したのに、顔を出すと怒られるなんてと悔しく思っていました。

写真左、一番上の段の左から4番目ですね!

ところが、この人形劇でセリフを入れたテープをもらい、カット割りを頭に入れ、スタジオでテープの声に合わせて、足元にあるモニターを見ながら人形を操っていたことで、ドラマや映画の撮影時のカット割りの要領を独学で覚えることになります。

1969年、TBS「パンとあこがれ」に出演し、25歳で17歳の役を演じます。

リハーサル後の休憩時間に、俳優には渡されないスタッフのカット割りの台本を見つけると、それを頭に入れて本番です。

カット割りが頭に入っていたおかげで、NGが少なく高い評価を受けます。

当時はNGを出すと、ビデオテープの編集に切ってつなぐ作業で1カ所3万円かかり、膨大なコストと時間がかかっていました。

1970年、第8回プラハ国際テレビ祭演出賞受賞作品であるNHK「ナタを追え」(橋本忍原作)で中心人物の小西順吉巡査役で出演。

「太陽にほえろ!」の時より、カッコイイ!

1971年、木下惠介ドラマ「冬の雲」の小鄕良助役で、優しくて物静かで誠実な男性を演じると雑誌の「明星」や「週刊平凡」でも話題になり人気となります。

1972年7月、「太陽にほえろ!」で島公之刑事(愛称「殿下」)役として番組開始から8年間(414話)レギュラー出演します。

「太陽にほえろ!」では「殿下」として親しまれていましたが、端正な顔立ちで、貴公子的な雰囲気だったことから「殿下」になったようです。

その後、1980年10月から、平岩弓枝原作のNHK時代劇「御宿かわせみ」に出演、真野響子が主人公で、その恋人役神林東吾を演じます。

2007年4月、大阪芸術大学短期大学部広報学科(現・メディア芸術学科)演劇(演技演出)コース教授に就任。

2012年6月、前任者の川村龍一が急逝したため、同学科の学科長に就任し、殿下ではなくて学科長と呼ばれているそうです。

小野寺昭殿下の嫁や孫は?太陽にほえろ!

小野寺昭さんは、1963年、20歳のときに一般女性と結婚をして3人のお子さんと6人のお孫さんがいるそうです。

売れない頃に結婚をしていたんですね!

「太陽にほえろ!」が全盛の頃には、小学生のお子さんも観ていたってことですね。

無茶苦茶、自慢じゃないですか!

小野寺昭さん、運がとても良い人なのかもしれません。

現在、一番上のお孫さんは、30歳だとか!

それも驚きですが、だいたい小野寺昭さんが、おじいちゃんってイメージにありませんでした!

小野寺昭殿下の自宅は?

小野寺昭さんは、兵庫県にある大学へ通うためもあってか、都内から1時間半ほどのところにある自宅とは別に、品川のそばにワンルームのマンションを借りています。

品川なら新幹線の駅があるので、便利なのだと思います。

そう言えば「太陽にほえろ!」は、東京都新宿区矢追町(やおいちょう)所在の警察署「七曲署(ななまがりしょ)」を舞台としていましたが、架空の署名で矢追町も架空の地名です。

公式サイト

スポンサドーリンク